新生「ジェイエムウエストン 青山店」は、まるでパリの美術館のような空間です。

新生「ジェイエムウエストン 青山店」は、まるでパリの美術館のような空間です。

写真:大瀧格 文:高橋一史

新生「ジェイエムウエストン 青山店」は、まるでパリの美術館のような空間です。

昨年末にリニューアルオープンした青山店の店内。オーク材を使った博物館のような什器が、この店のアイコニックなディテール。

すっきりとクリーンに軽やかに。穏やかで親しみやすく、より知的に。シューズブランド、「ジェイエムウエストン(J.M. WESTON)」の日本第一号店である青山店がリニューアルしました。2018年1月にアーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクターに就任したフランス人、オリヴィエ・サイヤールの手による、世界初のコンセプトショップになります。

フレンチシューズのシンボルとして、パリのシャンゼリゼ通りに旗艦店をもつジェイエムウエストン。現在、世界中で50店以上展開する彼らが1993年にオープンさせたのが、骨董通り沿いにあるこの青山店です。今回のリニューアルで印象的なのは、ふんだんに使われたライトな色調の木材。趣味のいいモダンなリビングルーム、といった趣です。さらに、ガラスのファサードと店内を隔てるウィンドウディスプレイがないため、通りから店内全体を見わたせる、明るく開放的な空間になったのも特筆すべき点。

高級シューズを扱いながらも、豪華さや重厚さとは距離を置いた空間です。ディレクターのサイヤールが長く勤めてきたフランスの美術館や博物館の展示のように、一点一点のシューズが大切に飾られています。

来日したサイヤールが、店のテーマを語りました。

「年齢や職業を問わず、美術館のように若い人にもどんどん入って楽しんでいただきたいです。歴史的なノウハウが詰まった、アートに匹敵する我々のシューズを眺めていただくだけでも嬉しいですから」

新生「ジェイエムウエストン 青山店」は、まるでパリの美術館のような空間です。

店内の向かって右側は住居のようなスペース。革のソファが置かれ、壁に飾られたシューズを眺めながら過ごせます。床の絨毯は、シューズ工場で目にした吸取紙についたインク染みを表現した特注品。

新生「ジェイエムウエストン 青山店」は、まるでパリの美術館のような空間です。

財布やカードケースなどの小物類も、絵画作品のように額縁を用いてディスプレイ。¥29,160(税込)〜。120年以上もの歴史をもつジェイエムウエストンならではの革の美しさを伝える演出です。

新生「ジェイエムウエストン 青山店」は、まるでパリの美術館のような空間です。

サイヤールが初めて手がけた、2018年秋に登場した「コレクション パピエ」シューズ ¥129,600(税込)〜、ベルト ¥86,400(税込)。インクの吸取紙や古い製本紙などから着想されたデザイン。

  • リニューアルした青山店は、移り変わりが激しい青山・骨董通りの中でも、25年同じ場所にあり続ける老舗。青山通り(国道246号)からこの通りに入ると、ほどなく現れる好立地です。
  • スタッフユニフォームも一新され、クラフト感のあるショップコートとエプロンに。日本の「サイ(Scye)」とのコラボレートアイテムです。「彼らの店で見たワークウエアが素晴らしく、一緒にモノづくりしたかった」とサイヤール。
  • テーブルや床は、丈夫なオーク材の組み合わせ。温もりのあるイメージに大きく貢献する素材です。ブランドの頭文字である「W」をヘリンボーンで表現したという遊び心ある演出も、店内で見られます。

1 / 2p