空に浮かぶ巨大ブーツがやってくる! 仕掛けるのは、イギリスの老舗ブラン...

空に浮かぶ巨大ブーツがやってくる! 仕掛けるのは、イギリスの老舗ブランド「ハンター」

文:高橋一史

イギリスからスタートして、世界中で開催中のキャンペーン「フライングブーツプロジェクト」。

2018年7月、イギリス・スコットランドの上空に突然、巨大なロングブーツが現れた。それはブーツ形状の熱気球、“フライングブーツ” だった。このキャンペーンを仕掛けたのはイギリス王室御用達の老舗ブランド、「ハンター」。気球のモチーフになった型は、代表モデルのウェリントンブーツだ。イギリス人が親しんでいる生活道具がゆっくりと空を舞う光景は、まさしくファンタジー。同イベントは19年末までに、スペイン、イタリア、ベルギー、アメリカなど各国の空を制覇。そして20年を迎えた今年ついに、日本に上陸する。開催時期はまだ未定だが、行われる日はSNSでも大きな反響を呼ぶだろう。

イベントの陣頭指揮を取ったのが、イギリス人クリエイティブ・ディレクターのアラスディア・ウィリスだ。シューズ中心だったハンターにバリエーション豊かな服やバッグを加え、トータルブランドに成長させた立役者である。「ウィットの効いた穏やかな紳士」といった印象の彼が、プロジェクトを語った。

「かなり前から計画して、18年にようやく実現できたんです。スコットランドから始めたのは、ここがハンターの発祥の地だから。ロンドンの国会議事堂の上にも飛ばしました。実は裏話になるんですが、ロックの野外フェスの『グラストンベリー・フェスティバル』の上空にも出現させたかったんですよね。25万人以上が集まり、会場でハンターを履く若者も多いこのフェスでやれたら本当によかった。許可が降りなくて断念しましたが。でも日本での開催も計画してるから、狙うのは『フジロックフェスティバル』の上空かな 笑」

クリエイティブ・ディレクターのアラスディア・ウィリス。写真:大瀧 格

1 / 2p
Feature Culture 価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?
Feature Culture 価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?