革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダース...

革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダースキーマ」のエキシビションへ急ごう。

文:高橋一史

革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダースキーマ」のエキシビションへ急ごう。

レザーで二次創作された一点ものの家具。

身の回りの品からファッショングッズに至るまで、レザーの可能性を追求し、モード&クラフトの新たな領域を生み出す日本ブランド、「エンダースキーマ(HenderScheme)」。年に2回、新作コレクションを発表している彼らが別ラインで手がけているのが、「re_creation///Hender Scheme」です。コンセプトは、既存のものに新しい目線を加える二次創作的な“リクリエイション” 。このラインのプロダクトが展示・販売されるエキシビションが、2018年2月14日(水)から3月13日(火)まで「CIBONE Aoyama」で、2018年2月14日(水)から2月28日(水)まではエンダースキーマの直営店である恵比寿の「スキマ」で、2会場同時開催されます。

本展では、デザイナーの柏崎 亮自身が、ヴィンテージ、インダストリアル、デザイナーズの家具をセレクト。レザーを配して変化させたチェアやテーブルなど、エンダースキーマのアイコニックなベージュのヌメ革をメインに使用しています。より複雑な印象に生まれ変わった家具は、時の経過とともにレザーがエイジングして、さらに異なる表情へと姿を変えて行きます。

また、古着のシャツやスウェットにレザーのエルボーパッチをつけたものなど、「re_creation///Hender Scheme」がこれまで展開していたアイテムも登場します。ギャラリーを散策するように、2会場で開催されるエキシビションを巡ってみてはいかがでしょうか。

革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダースキーマ」のエキシビションへ急ごう。

上写真が元の家具で、下写真が完成形。

革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダースキーマ」のエキシビションへ急ごう。

エイジング後の味わいも愉しみなクラフトワーク。

革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダースキーマ」のエキシビションへ急ごう。

原型から大きく変貌したチェア。

「re_creation///Hender Scheme」

開催期間: 2018年2月14日(水)~3月13日(火)
開催場所:CIBONE Aoyama
東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル2F
TEL:03-3475-8017
営業時間:11時~21時
会期中無休

開催期間:2018年2月14日(水)~2月28日(水)
開催場所:スキマ
東京都渋谷区恵比寿2-17-20 長谷川ビル 1F
TEL:03-6447-7448
営業時間:14時~20時
不定休

革で“リクリエイション”した一点ものの家具に出合えます! 「エンダース...

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018