有名メゾンも惚れた“メイドインジャパンの雄”が動いた! 究極のニット...

有名メゾンも惚れた“メイドインジャパンの雄”が動いた! 究極のニットブランド「991」はなにが凄い?

有名メゾンも惚れた“メイドインジャパンの雄”が動いた!  究極のニットブランド「991」はなにが凄い?

原毛の色と風合いを活かした「991」のコレクションは、ニット・オン・ニットのコーディネーションが際立ちます。マフラーなどのアクセサリーも同じウール素材でつくられています。

山形・寒河江市で1932年に創業した「佐藤繊維」。糸の紡績からニット製品の企画、製造まで手がける日本屈指のメーカーです。その名前は世界にも知られ、欧州をはじめとする有名メゾンから指名を受けるほど。昨年4月には工場として使っていた石蔵を改造し、セレクトショップ「GEA(ギア)」をオープン、大きな話題となりました。そんな「佐藤繊維」が、世界に誇る技術を集結させ、天然原料のもつ個性を最大限に活かした究極のニットブランド「991(キューキューイチ)」を今秋デビューさせます。この「991」は、今年2月に世界最大のメンズウエア見本市「ピッティ・イマジネ・ウオモ」で日本に先駆けて展示され高い評価を得ましたが、先日、「GEA」でもローンチイベントが開かれました。

「佐藤繊維」の4代目社長・佐藤正樹さんは、良質な原毛を求め、世界中のこだわりをもった農場を回り、独創的な糸づくりをしてきました。古い機械を使って、1gの糸から52mの長さの極細のモヘア糸を紡ぐことにも成功しています。「991」は、天然ウールそれぞれのもつ個性を最大限に発揮した糸づくりを行い、パターン、成形、縫製までのすべての工程にこだわったニットコレクションで、世界中のウールを熟知する佐藤社長だからこそつくり得た、渾身の作品と言えます。ブランド名の「991」はポストコード、つまり山形県寒河江市の郵便番号で、寒河江からファッション文化を世界に発信していこうとする佐藤社長の地元愛が感じられます。


有名メゾンも惚れた“メイドインジャパンの雄”が動いた!  究極のニットブランド「991」はなにが凄い?

上質さが薫るベーシックなニットアイテム。モードな着こなしにさりげなさを演出します。

Photographer _ YUICHI AKAGI
Stylist _ MASATAKA HATTORI
Hair&Make _ YAMA(INTENTION)
Lighting _ MICHINARI MARUI

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。