熱狂と歓声に包まれた、“レジェンド”ゴルチエによる最後のショーをパリか...

熱狂と歓声に包まれた、“レジェンド”ゴルチエによる最後のショーをパリから詳細レポート

写真・文:海老原光宏

パリの劇場シャトレ座で行われたジャンポール・ゴルチエ引退となる「ゴルチエ パリ」2020年春夏コレクションショー。オーケストラも従えるなど豪華に50年の幕を引いた。

ジャンポール・ゴルチエ自身のクリエイションとしては最後となる、オートクチュール「ゴルチエ パリ」2020年春夏コレクションが1月22日(日本時間1月23日)に発表された。パリの劇場シャトレ座を会場に熱狂と尊敬を集めた、ファッションショーとしては異例の1時間10分にもわたる大イベントだった。

今年、ファッション業界でのキャリア50周年を迎えたゴルチエ。節目の年に突然、自身の引退を発表(日本時間 1月19日)。ゴルチエ パリ 春夏ショーを最後に、デザインから身を引いてファッション業界から引退する旨を、ブランドのSNSアカウントにて投稿。ショーの後に50周年記念パーティーを行うことも添えた。

これもあってか、当日の会場にはピエール・エ・ジル、ジャン・バプティスト・モンディーノなどゴルチエのビジュアルを手がけてきたクリエイター、ドリス・ヴァン・ノッテン、イザベル・マランら親交のあるデザイナーをはじめ、多くのゲストが来場。エントランスにはインビテーションをもっていない人々も詰め掛け、どうにかゴルチエの最後を見届けよういう熱気に包まれていた。それは最盛期である80年代のゴルチエを感じさせるものであった。

ショーは過去50年のデザインを組み合わせ、彼のすべてを回顧できる「これぞジャンポール・ゴルチエ!」といった構成。墓地から始まる、まるでティム・バートン作品のような映像が流れ、幕が上がるとゴシックな黒一色のモデルが大勢佇む舞台が出現。ボーイ・ジョージが歌い始めると、モデルが徐々に動き初め、キャットウォークがスタートした。

1991年秋冬オートクチュールと2014年秋冬プレタポルテを組み合わせたようなボディスーツや、ネクタイを繋ぎ合わせキルトとしたメンズルックなど、ファンにはたまらない過去の名作が出てくる。

マリンボーダー、タキシード、男性のスカート、タトゥー、エスニック、デニム、コルセット、コーンブラ、ボーンなどシグネチャーデザインが続々と登場。途中ライブも挟み、さまざまなテイストが章仕立てでプレゼンテーションされる。それはファッションショーというより、ミュージカルや音楽ライブのようなシアトリカルな演出で、いまのゴルチエの興味・関心を感じさせた。

過去のコレクションを組み合わせたようなルックが登場。ファンへのサービスとも受け取れる。

1 / 2p
Feature Product 現代紳士のためのタイムピース、「ティソ ジェントルマン オートマティック」が叶えるエレガンスと実用性とは。
Feature Product 現代紳士のためのタイムピース、「ティソ ジェントルマン オートマティック」が叶えるエレガンスと実用性とは。