軽やかで春らしい、クラフツマンシップあふれる「サルヴァトーレ フェラガ...
PROMOTION

軽やかで春らしい、クラフツマンシップあふれる「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作シューズ

写真:加藤佳男 文:遠藤 匠

軽やかで春らしい、クラフツマンシップあふれる「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作シューズ

革やジュートの編み柄が、涼しげな新作シューズ。ドレス感にリゾート感をブレンドした、ハイブリッドなアプローチが春の街にも映えます。左から、「アンドラ」¥140,400(税込)、「アリノス」¥ 106,920(税込)/ともにサルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン)

そろそろ春の装いに本腰を入れたい時期。足元から春らしさを感じられる新作シューズ2足が、サルヴァトーレ フェラガモから届きました。
まずは上写真の右、ぽってりとしたフォルムが印象的なスリッポン。ローファータイプでは珍しいジュートソールが目を引きます。このソールは、かつて創業者のサルヴァトーレ フェラガモがつくり上げたレディースシューズに着想を得たもの。リゾートシューズを思わせる佇まいが、解放感にあふれます。
これに対してアッパーは、しなやかにつり込まれた、成型もしやすいサドルレザー仕立て。そこにブランドを特徴づけるガンチーニの意匠がアクセントとして添えられています。ガンチーニ 自体は革と同色の樹脂製で、トーン・オン・トーンの配色に。あえて主張を抑えているところが好印象。ソールの清涼感も際立って見えます。

軽やかで春らしい、クラフツマンシップあふれる「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作シューズ

ローファーのようでいて、エスパドリーユっぽさも感じさせる新感覚のシューズ。ラスト自体にも少しボリューム感があり、ジュートソールとのバランスが絶妙なデザインに仕上がっています。靴自体はライニングのない軽やかな仕立てで、柔軟性に富むサドルカーフのやさしいフィット感を存分に味わえます。

軽やかで春らしい、クラフツマンシップあふれる「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作シューズ

トーン・オン・トーンの色使いであしらわれたガンチーニ 。軽量な樹脂製で、レザーに馴染みやすいマットな風合いに。ブランドの世界観をさりげなく物語ってくれています。

軽やかで春らしい、クラフツマンシップあふれる「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作シューズ

手編みのジュートソールが、コバに張り出すように施されています。接地面にはラバーを施し、確かなグリップ力も確保。ソール自体の返りもいいので、軽快に歩くことができます。

1 / 2p