軽快で鮮やかな、「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作スニーカー
PROMOTION

軽快で鮮やかな、「サルヴァトーレ フェラガモ」の新作スニーカー

写真:加藤佳男 文:森下隆太

2020年春夏コレクションで発表されたスニーカー。爽やかでいて品のある佇まいだ。「スエズ」¥97,900(税込)/サルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン)

テクニカルリネンのギャバジンなど新鮮な素材使いと、パステル調のグリーンやブルーなど鮮やかなカラーリングを軸に展開する、今季のサルヴァトーレ フェラガモ。足元もまた然りで、エスパドリーユやサンダルが軽快さを後押しする。なかでも特筆すべきはスニーカー。新作「スエズ」と「ストーム」をピックアップする。

スエズは今季のトレンドであるリネンをキャンバス地で表現した素材を採用。キャンバスはそもそも油絵の支持体を指すもので、おもに麻が使われている。ブランドが居を構えるフィレンツェは名画家を多く残した街でもあり、この一足は今季のテーマである「ホームカミング」を象徴するアイテムといえる。

カラーもトレンドのホワイトで清涼感あふれる。ベースはオーセンティックな外羽根のミッドカットスニーカーだが、ソールには2種のラバー素材が使われており、コンテンポラリーな雰囲気を備えている。裏地はレザーで履き心地は快適、かつ型崩れにも強い。一見すると普遍的な白スニーカーなので、どんなパンツとも違和感なく馴染む。

ミッドソールをぐるりと飾るのは、エスパドリーユに見られるようなジュート縄をラバーで表現したもの。縄目まで精巧に表現されており、技術力の高さを感じられる。上部にアスレティックなラバーを流線形に配し、アクティブな印象をプラス。リネンとラバーの異素材をミックスすることで、ユニークなルックスが生まれている。

リネンキャンバスはコットンキャンバスに比べてやや光沢のある、上品な質感。随所に施されたレザーパイピングが、高級感と耐久性も付与している。さすがは靴づくりからスタートしたブランド、縫製も見事だ。

2020年春夏コレクションから、スエズを着用したルック。鮮やかなブルーのパンツに、彫像がプリントされたシャツを合わせてリゾート感を演出。力の抜けたスタイルが表現されている。

1 / 2p
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。