「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその...

「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその問いに答えます。

写真・文:高橋一史

「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその問いに答えます。

日本の直営店で人気が高い、官能的な香りのオード トワレ「ド ソン」30ml(写真手前) ¥8,100(税込)

2019年7月16日まで、表参道ヒルズ 西館1Fの表通りに面したスペース「表参道R-STUDIO」にて、フランスのユニセックスなフレグランスメゾン「ディプティック」のポップアップストアが開催中です。中心となる展開アイテムは、色でメゾンを代表する原料を表現した新デザインの5種類の香り、「ロー マテリアルズ イン カラーズ(Raw Materials in Colors)」。これらは定番の香りのパッケージやボトルを変え、使うシーンを提案して新たな魅力を演出したものです。さらに、ボトルのサイズは新しい小ささの30mlで登場。ディプティック初心者でも購入しやすく、贈り物にもぴったり。ストアの空間もポップで、夏のリゾート気分に満ちています。

今回のプロダクトをはじめとするクリエイティブを統括するのが、来日したディレクターのミリアム・バドー(写真は記事の最後)。デザインがディプティックにとってどれほど大切なのかを、ブランドのルーツまで遡って語ってくれました。まずは東京のポップアップストアのエピソードから伺いましょう。

「イベントのテーマは『旅行』です。店にあるどれもが旅行に基づいています。5種類の香りは世界各地で最も人気のあるものから選びました。ここに “世界” という、旅行に関わるキーワードがあります。香りはそれぞれ国や土地がイメージされています。『ロンブル ダン ロー』はイギリスのイングリッシュガーデン、『フィロシコス』はギリシャ、『タム ダオ』と『ド ソン』はベトナムというように。これらを旅に持っていける大きさの30mlの小型ボトルに収めました。旅の必需品であるポーチ付きのコフレもストアで販売しています。そして決め手は、特別に用意した100種類のポストカード。旅行にはポストカードが欠かせませんよね」

「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその問いに答えます。

外から見た店内。アートショップのようにポストカードがたくさん。

「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその問いに答えます。

ポストカードはポップアップストアのためにつくられた特別品。ストアを訪れた人へのギフトです。

「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその問いに答えます。

通常商品のフレグランスも、バリエーション豊富に勢揃い。

「ディプティック」の人気は香り?デザイン? 来日したキーパーソンがその問いに答えます。

華やかでポップ、気分が上がる店内。

1 / 2p