世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン「デルヴォー」が語る、“ベル...
PROMOTION

世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン「デルヴォー」が語る、“ベルギーらしさ”とは。

文:髙田昌枝(パリ支局長)

世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン「デルヴォー」が語る、“ベルギーらしさ”とは。

アート通でなくてもピンとくる、マグリットの作品をモチーフにした山高帽のシルエット。内部のポシェットを取り出すと三日月が現れる、トロンプルイユのカード入れと書類入れ。A4ポシェット¥202,000、カードケース¥61,000/ともにデルヴォー(デルヴォー・ジャパン)

ベルギーの首都ブリュッセル。街はずれの住宅地に、以前は軍隊の兵器庫として使われていた煉瓦造りの歴史建造物がある。その一角を占めるのがデルヴォーの本社とアトリエ、そして完成したばかりのミュージアムだ。

デルヴォーの創業は、ベルギー王国誕生の1年前にあたる1829年。トランク製造業者として出発した世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾンであり、83年以来、ベルギー王家御用達の栄誉を守り続けている。

「ミュージアムをつくったのは、語る物語がたくさんあるから。だがコンセプトは回顧だけでなく、過去と現在を未来へ繋げることなのです」と言うのはCEOのジャン=マルク・ルビエ。アトリエを縦断し荷物用リフトで2階へ。そこにはメタル構造の空間に巨大なバッグが現れる。現代アートギャラリーかと思うようなエントランスだ。

ミュージアムが語るのは、創業以来の職人技とクオリティ。1908年に世界で初めて同社が意匠登録を行ったハンドバッグの歴史。そしてデルヴォーが大切にするベルギー精神だ。

世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン「デルヴォー」が語る、“ベルギーらしさ”とは。

軍の兵器庫だった煉瓦造りの建物に1994年から本社とアトリエ、ミュージアムが。見学はガイド付き、完全予約制。金、土、日閉館。

世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン「デルヴォー」が語る、“ベルギーらしさ”とは。

建物の1階は、デルヴォーのレザーグッズを製作するアトリエとして機能している。

世界最古のラグジュアリーレザーグッズメゾン「デルヴォー」が語る、“ベルギーらしさ”とは。

ミュージアムの最初の展示は、トランク製造から始まった歴史を象徴。一番上は1908年に意匠登録された最初のハンドバッグ。

1 / 2p