「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイント...

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

モダンな建物が並ぶ表参道にあって、ガラスキューブをヘリンボーン状に組み合わせたファサードがひときわ目を引く「コーチ表参道」。4月23日、このコーチのフラッグシップストアがリニューアルオープンしました。リニューアルに際しては、昨秋のニューヨーク・ファッション・ウイークでデビューしたランウェイコレクション「コーチ1941」を大きくフィーチャー。重松象平氏がデザインを手がけた印象的な壁面や内部の階段まわりを活かしつつも、コレクションに合わせて什器を中心にインテリアがアップグレードされています。

ブランドの創業年を名に冠した「コーチ1941」は、革新的なデザインとコーチならではのクラフトマンシップが共存するコレクション。モダンでありながらもどこか暖かみを感じさせる店内は、2013年秋からエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務めるスチュアート・ヴィヴァースが提案する、進化したコーチの世界観を体感できる空間となっています。1階がウィメンズ、2階がメンズフロアとなっていて、「コーチ1941」のバッグ、レディ・トゥ・ウエア、シューズ、アクセサリーのすべてが揃います。

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

一つめの注目ポイントは、「コーチ1941」のハイエンドなアイテムが豊富に揃っている点。2階のメンズフロアにも、充実のコレクションが並びます。

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

二つめのポイントは、オリジナルの什器。こちらは、アメリカのスケートボードカルチャーにインスパイアされたアイテムにちなみ、スケートパークのセクションをモチーフにしています。

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

什器代わりに置かれたウッドの古材。白を基調とした店内にぬくもりをもたらしています。

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

パッチワークのレザージャケットなど、ポップなデザインの中にコーチならではの革へのこだわりを感じさせるコレクションのアイテムが揃います。

「コーチ表参道」がリニューアルオープン。絶対に見逃せない5つのポイントを教えます。

三つめのポイントは、店内のインテリア。コーナーに置かれたウェグナーのスリーレッグド・シェルチェアなどのミッドセンチュリー家具も、伝統と革新を融合した新しいコーチの世界観によくマッチしています。

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。