ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

1階フロア「日本の銘品とコーヒー」。

遡ること18年前、「ビームス」各セクションの集合体として東京・新宿に出現した、地下から6階までの館「ビームス ジャパン」。今年の4月28日(木)に屋号はそのままに、“ニッポン” というコンセプチュアルなテーマを掲げて新生スタートを切りました。 “ジャパン” の名にふさわしい、ストリートスタイルから伝統工芸に至るまで、我が国の楽しさが詰まったユニークな店になっています。

26日(火)に行われたプレス内覧会でチェックした店内の様子を、さっそくお届けしましょう。即完売間違いナシのコラボウォッチから、男ゴコロくすぐる懐かしのラジカセまで要チェックのラインアップです!

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

「サスクワッチファブリックス」の小粋な別注シリーズ。

これぞ「ビームス」ならでは、と感じるフロアが、3階「日本のセンス」。いわゆる、別注品と呼ばれるスペシャルアイテムがここに集結しています。「サスクワッチファブリックス」「エンジニアドガーメンツ」らの日本人デザイナーが手がけるブランドを中心に、「チャンピオン」「テバ」といった海外のオーセンティック系と取り組んでいるアイテムもあり。「吉田カバン」とのコラボレート「B印YOSHIDA」は、特別なコーナー展開に加えて、柿渋藍で染めたトートバッグなどニッポンらしいプロダクトも展開しています。

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

「B印YOSHIDA」のコーナー。

この3階で注目のアイテムといえば……「エンジニアドガーメンツ」×「タイメックス」×「ビームス ボーイ」のトリプルコラボウォッチ! 文字盤が反転しているのに(ロゴすらも)、針の動きは通常の時計回りという、人を喰ったような、遊び心満載の一本。洒落たチープ感がたまりません! 税抜き¥10,000というお値段も嬉しい限り。同じモデルのカーキ色が数週間前に先行発売され、即完売したという逸話もあるそう。ネイビーも同じ運命をたどること間違いナシで、4月28日(金)の発売日にはオープン前に長蛇の列が!

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

立派な箱入りのコラボウォッチ。

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

ミラー反転の文字盤がいい味出してます。

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

3階奥の「レミ レリーフ」デザイナーが手がけたコレクション。

続いて2階「日本の洋服」を見ていきましょう。「ビームス」が着目するニッポンブランドが集められたフロアです。「カラー ビーコン」「ホワイトマウンテニアリング」といったモード系から、人気の「RED CARD」の加工デニム、「UNUSED」らがブランドごとに見やすく置かれています。知らないと気がつきにくい注目ポイントは、フロア奥でコーナー展開されている「ビームス」のオリジナル。自社工場をもつ人気のカジュアル「レミ レリーフ」のデザイナー、後藤さんがデザインした特別なシリーズです。タグにもコーナーにも「ビームス」としか書かれていませんが、その裏側にはこだわりの服づくりが息づいています。

ニッポンを打ち出した、新宿「ビームス ジャパン」全6フロアの見どころはこれ!

3階の奥に位置する、カット&ソーのブランド「ループウィラー」。

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。