アーティスト山瀬まゆみがペイントしたナイキ フライレザーモデルが登場!

アーティスト山瀬まゆみがペイントしたナイキ フライレザーモデルが登場!

文:栃原菜穂子

アイコニックな「エア フォース 1」と「ブレーザー」に山瀬まゆみの手描きのペイントデザインが施されている。ナイキ エア フォース 1 フライレザー ¥15,400(税込) 、ナイキ ブレーザー ロー フライレザー¥12,100(税込)

東京を拠点に活躍するアーティスト山瀬まゆみのペイントをデザインした、「ナイキ エア フォース 1 フライレザー」と「ナイキ ブレーザー ロー フライレザー」が登場。2つのモデルにはリサイクルした皮革の素材を最低50%含むフライレザーが使用され、ナイキの循環的デザイン理念と、東京・代々木のコミュニティを大切にし「地球の色」からインスピレーションを受けた山瀬の美意識が表現されている。 

ペイントを施すモデルは、山瀬が子供の頃からバスケットボールが好きだったこともあり、クラシックなシルエットのブレーザーと、普遍的でアイコニックエア フォース 1が選ばれた。この2つのモデルに自然、土、火、水、空気、地球といった、生きていく上で必要なエレメントをインスピレーションにしたペイントデザインが施されている。

「ナイキ エア フォース 1 フライレザー」と「ナイキ ブレーザー ロー フライレザー」は5月19日から SNKRS、DSM GINZAのオンラインショップにて発売予定だ。 

※新型コロナウイルス感染防止などの事情により、店舗の営業時間、サービスの変更などが行われる場合があります。訪問前にご確認ください。


【関連記事】

ナイキがコロナ禍対応の次世代ハイテクシューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」を発表。

北欧のセンスは一味違う! スニーカーショップ最先端が代官山にあります。

勲章授与式でもスーツに合わせた、ナイキの白いバスケットボールシューズ

山瀬まゆみ:東京生まれ。6歳までLAで暮らし、帰国。高校で本格的に絵を描き始め、卒業と同時に渡英しロンドン芸術大学、チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ&デザインにてファインアート学科を専攻。現在は東京を拠点に活動。東京、ロンドン、シンガポールでの展示や様々なブランド、企業との作品提供を含む取り組みも行っている。

1 / 2p