70年代のトレッキング・ハイキングブームから着想、オニツカタイガーの最...

70年代のトレッキング・ハイキングブームから着想、オニツカタイガーの最新コレクションに注目

文:Pen編集部

「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」は、冬のヒマラヤ山脈がそびえる雄大な自然や、70年代のトレッキング・ハイキングブームからインスピレーションを得た21年秋冬コレクションを発表した。

今シーズンは、テキスタイルグラフィックブランド「nowartt」のデザイナー兼アートディレクターである足立豊樹氏とアンドレアが協業。完成させたグラフィックをコレクションピースに落とし込んでいる。クラシカルなトラックスーツ、ダウンジャケットやバックパックに、「ヴィンテージ×アート」「アナログ(手書き)×デジタル」と、相反する2つのコンセプトを掛け合わせて生まれたテキスタイルグラフィックを使用した。

キーアイテムには、冬の保温防寒対策にも優れたフリース素材、目の覚めるようなネオンカラーと複雑に入り組むユニークな刺繍ステッチの融合を楽しめるナイロンシリーズが登場する。フットウエアは、過去のオニツカタイガーのアーカイブの要素とコンテンポラリーなデザインが融合した最新モデルをラインアップ。都市生活(Metropolitan Mentality)や現代社会を山に例え、険しい山もしがみついて登り切ることをイメージさせるグリップ性に優れたブーツなど、ユニークにデザインされている。

ファッションとスポーツ、そしてヘリテージとイノベーションを融合させ、コンテンポラリーなコレクションを展開するオニツカタイガーの最新コレクションに注目だ。

1 / 2p
Feature Culture 海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性
Feature Culture 海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性