メゾン マルジェラのオートクチュール「アーティザナル」を恵比寿の旗艦店...

メゾン マルジェラのオートクチュール「アーティザナル」を恵比寿の旗艦店にて展示。デザインが浸透するプロセスを目撃せよ。

文:Pen編集部


11月23日(土)から12月11日(水)まで恵比寿にあるメゾン マルジェラ トウキョウを会場として、2019年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションを展開するエキシビジョンが開催される。

メゾン マルジェラにおいて、クリエイティブディレクターのジョン・ガリアーノが提起するアイデアや技術が凝縮しているのが、「アーティザナル」と称されるオートクチュールのコレクションだ。そこからプレタポルテをはじめとする全ラインに広がり、浸透していくことでブランド全体のクリエイティビティや価値観が形成されるという、ピラミッド型のデザインプロセスになっており、まるで香水の原液であるパルファンがオールドパルファンに、さらにオードトワレへと希釈されていく様子に例えられる。

今回の展示では、メゾン マルジェラ トウキョウが展示スペースとショップスペースを融合したミュージアムのような空間へと変化。2019年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションの主要なランウェイピースを展示し、ショーを放映するスクリーニングルームを併設。さらに、2019年秋冬「デフィレ」Co-edコレクションやメゾン マルジェラのワードローブとされる2020年春夏「アヴァン・プルミエール」コレクションなどのプレタポルテや、「タビ」シューズ、「グラム スラム」バッグなどアイコンピースが販売される。

2019年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションでガリアーノが提起した「デカダンス」という概念が、2019年秋冬「デフィレ」Co-edコレクションへ、そして2020年春夏「アヴァン・プルミエール」コレクションへと浸透していく、メゾン マルジェラのデザインプロセスを垣間見ることができる、この機会をお見逃しなく。

メゾン マルジェラのオートクチュール「アーティザナル」を恵比寿の旗艦店にて展示。デザインが浸透するプロセスを目撃せよ。

メゾン マルジェラ2019年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションの1ルック。カットされたプードル柄のジャカードのスカートがボディの上を移動し、ドレスとして再解釈された。プリーツディテールをほどこした黒のクラン素材のアンダードレスに重ねて。

メゾン マルジェラのオートクチュール「アーティザナル」を恵比寿の旗艦店にて展示。デザインが浸透するプロセスを目撃せよ。

同様に、メゾン マルジェラ2019年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションから。ヘリンボーンのスカートはカットされ、セーラーパンツに着想を得たネックラインのトップに変容。オーバーダイされたコートのトップ部分はカットされ、ショーツに再解釈されている。

メゾン マルジェラ「アーティザナル」エキシビジョン
開催期間:2017年11月23日(土)~12月11日(水)
開催場所:メゾン マルジェラ トウキョウ
東京都渋谷区恵比寿南2-8-13
営業時間:12時~20時
会期中入場料無料

問い合わせ先/メゾン マルジェラ トウキョウ TEL:03-5725-2414

メゾン マルジェラのオートクチュール「アーティザナル」を恵比寿の旗艦店...