追悼 カール・ラガーフェルド 逝けるファッションの神は、何者だったのか。

追悼 カール・ラガーフェルド 逝けるファッションの神は、何者だったのか。

文:海老原光宏

追悼 カール・ラガーフェルド 逝けるファッションの神は、何者だったのか。

カール・ラガーフェルド●1933年、ドイツ生まれ。パリを拠点として活動したファッションデザイナー。自身のブランドを手がける一方、「フェンディ」や「シャネル」の他、多くのビッグメゾンのデザイナーを務めていた。2019年2月19日死去。Photo/FENDI

2月19日、ファッション界に悲しみが広がりました。シャネル、フェンディのデザイナーを務めたカール・ラガーフェルドが死去したのです。享年85歳でした。

イヴ・サンローランやユベール・ド・ジバンシーらが活躍したクチュール時代から、いまにいたるまでトップを走り続けたそのキャリアは、まさに生ける伝説といえるものでした。ドイツ出身の彼は、14歳でパリに移住。パリ・オートクチュール協会のファッションスクール(通称サンディカ)で学びます。その時の同級生にはイヴ・サンローランと日本のファッション教育の礎をつくった小池千枝がいました。16歳で国際羊毛事務局(現ザ・ウールマーク・カンパニー)主催のファッションコンクールで優勝。17歳でピエール・バルマンのアシスタントに。その後「ジャン パトゥ」、「クリツィア」、「シャルル ジョルダン」、「ヴァレンティノ」などで経験を積みますが、オートクチュールのデザインが評価されず一旦ファッションを離れ、イタリアでアートを勉強。キャリア初期は意外と苦労したようです。そして、「フェンディ」のデザイン・コンサルタントとしてファッション業界に復帰。「クロエ」のデザイナーを経て「シャネル」のデザイナーに就任。

フェンディでは54年、シャネルでは36年という長きにわたりクリエーションを紡いできたのです。フェンディとの長い蜜月はファッションブランドとデザイナーとのコラボレーションで世界最長といわれています。現在メンズウエア、アクセサリー、キッズウエア部門のクリエイティブ・ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディがまだ子どもだった頃から同ブランドを支え、ローマの老舗毛皮ブランドを時代とともにアップデートしていったのです。死の数日前まで、2019秋冬コレクションショーの打ち合わせをしていたといいます。
シャネルにおいては創業者のガブリエル・シャネル亡き後、時代に取り残されつつあったメゾンを見事に再興。全女性が憧れるラグジュアリーハウスの地位を揺るがぬものとしました。
毎回驚かされるシャネルのランウェイセットを楽しみにしていたプレスは多いでしょう。印象に残っているのは、2014年秋冬スーパーマーケットコレクション。先行して発表された2014年春夏オートクチュールコレクション同様、足元はスニーカーがメイン。シャネルジャケットを着ていても靴はスニーカーを提案したのです。カラフルでポップ、そしてソールは少し厚め。これまで何度かラグジュアリーでもスニーカートレンドがありましたが、2014年秋冬のシャネルスニーカーは昨今のスニーカーブームにつながる嚆矢となったのではないでしょうか。

追悼 カール・ラガーフェルド 逝けるファッションの神は、何者だったのか。

フェンディの2019年秋冬コレクションでは、カール・ラガーフェルドの手描きメモやイメージ、スケッチなどを膨大に備えるパリの工房とローマの工房とを結びつけるムードボードをコラージュプリントとして表現しました。Photo/FENDI

追悼 カール・ラガーフェルド 逝けるファッションの神は、何者だったのか。

シャネルの2014年秋冬コレクション。スーパーマーケットを模したユニークなセットも話題を呼びました。Photo/Getty Images

1 / 2p