ダウンジャケットのイメージは覆された! UA別注の「イ...

NEWSな服&小物

Vol.16 写真:森山将人(mili)  文:森下隆太

ダウン=防寒着のイメージを刷新する、ファッショナブルなダウンジャケット。丸みを帯びたシルエットがトレンド感をしっかりと主張します。

今季はここ数シーズンでもっとも”アウトドア”がフィーチャーされたシーズン。多くのブランドが、こぞってアウトドアをイメージソースとしたアイテムをリリースしています。中でも代表的な冬アウターのひとつであるダウンジャケットは、百花繚乱の様相。今回は、ファッション好きであれば思わず食指が伸びる、新進ブランドの逸品をご紹介します。

昨年、ウクライナにて誕生した「イエンキ イエンキ」。デザイナーは、首都キエフで活躍するディマ・イヴェンコ氏が務めます。立ち上げ当初から、多くのセレブリティやファッションブロガーの間で話題を集め、瞬く間に知名度を伸ばしているブランドです。とはいえ、初めて耳にする方が多いのでは。というのもこのブランド、基本的にはウィメンズが中心。メンズサイズの展開が待たれていたのですが、日本を代表するセレクトショップである「ユナイテッドアローズ」が目をつけました。独自に別注をかけ、ユニークなシルエットをメンズサイズに落とし込んでいます。

ダウンパックのピッチが大きいのもこのブランドならでは、シルエットに負けないように、フードも大きくデザイン。立体的にダウンパックが配され、モダンなムードに拍車をかけます。

まず特筆すべきはシルエット。肩が落ちるようにデザインされており、着用すると丸くカーブを描きます。これまでにもオーバーサイズのダウンジャケットはありましたが、この”丸さ”こそが他と一線を画すところであり、トレンドを強く感じさせる部分です。

もうひとつ見逃せないディテールが、ショート丈にも関わらずウエストマークできるベルトが付いているところです。どことなく柔道着の帯を思わせるステッチが入ったベルトは、腰の高い位置でラフに絞ることでショルダー部分が膨らみ、丸みが強調されるように計算されています。このように羽織るだけで旬の着こなしを楽しめるほか、保温性も抜群。ダウンとフェザーを9対1の割合でミックスして、温かさと軽さを両立しています。

ロング丈のコートに飽きてきたという方はもちろん、本格的な冷え込みを前に防寒性の高いアイテムを狙っている方にもお薦めしたい、買い足しアウターの筆頭です。

ハンドウォーマーポケットの上部を貫通するようにベルトループが配置されています。ここを通せばモダンな雰囲気になりますし、ギュッと結べばよりラフな印象に。

裏地はポリエステルを混紡したコットンで、優しい肌触り。着心地も快適です。縫い目が目立たないていねいな縫製も、服好きにはたまりません。

イエンキ イエンキ ダウンジャケット
【価格】¥135,000(税込)
【素材】表地:ポリエステル 中わた:ダウン、フェザー
【問い合わせ先】ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180
ダウンジャケットのイメージは覆された! UA別注の「イ...