いまこそ取り入れたい! “ダサかっこいい”懐かしの90'sスタイルをも...

いまこそ取り入れたい! “ダサかっこいい”懐かしの90'sスタイルをもう一度。

写真:長友善行(人物)、杉田祐一(物)、スタイリング&編集協力:小野田史(FASHION PARTNER)、ヘア:TAKESHI(SEPT)、文:川島拓人(kontakt)、小竹森久美

華やかにファッションが咲き誇った1990年代。あの頃のトレンドが、いまメンズファッションの世界で復活しています。今季は、90年代的なアイテムが多く出揃いました。当時の気分を象徴する「ビッグロゴ」、「ダッドスニーカー」、「センター分けヘア」の3つのキーワード。それぞれのトレンドと最新アイテムを紹介します。

いまこそ取り入れたい! “ダサかっこいい”懐かしの90'sスタイルをもう一度。

90年代の渋カジブームを象徴するアイテムのひとつがライダースジャケット。写真のシングルライダースジャケットは、前身頃に大きく描かれたブランドロゴに加え、レザーの切り替えしによるネイビー、ブラック、ホワイトのカラーリングでモダンに。ジャケット¥1,015,200(税込)/ダンヒル(ダンヒルTEL:03-4335-1755) シャツ¥45,360(税込)/フライ(サンモトヤマ 銀座本店TEL:03-3573-0030) パンツ¥95,040(税込)/アンブロージ(ブライスランズTEL:03-6721-0133) ゴローズの90'sオールドネックレスは私物

90年代ムードを盛り上げる、ビッグロゴのアイテム。


1980年代から90年代にかけて、エリックB&ラキムやビッグ・ダディ・ケインなど多くのアメリカ東海岸のラッパーたちが成功やステータスを誇示するために、高級ブランドのロゴが大きく入った洋服を着用。そんな中、ストリートにビッグロゴブームが巻き起こります。このトレンドに大きく影響を及ぼした人物のひとりが、ニューヨークのテーラー、ダッパー・ダンでしょう。彼はハイブランドのアイテムを“サンプリング”し、リメイクアイテムを販売していました。このブートレグ的手法によって多くの高級ブランドのロゴを施した個性的なアイテムが登場し、ヒップホップカルチャーを通じてセレブリティや若者から支持されるようになったのです。
そして現在の90年代ファッションのリバイバル。グッチはダッパー・ダンとコラボし、当時のブートレグアイテムを引用してオフィシャルで展開。またロエベやバーバリーなどのヨーロッパメゾンからカルバン クラインなどのアメリカのブランドまでが敏腕グラフィックデザイナーと手を組み、かつてのロゴに手を加え、新ロゴを使ったアイテムを全面的に押し出す傾向が見られます。大きなロゴを用いたキャッチーな洋服が、自分が何者なのかを、最もわかりやすく伝えるメディアとなっているのかもしれません。

いまこそ取り入れたい! “ダサかっこいい”懐かしの90'sスタイルをもう一度。

左右のスリーブに、ブランド名やCDGロゴが大きくグラフィカルに施されている。Tシャツ¥9,720(税込)/シーディージー(コム デ ギャルソンTEL:03-3486-7611)

いまこそ取り入れたい! “ダサかっこいい”懐かしの90'sスタイルをもう一度。

レトロなストリート感がエレガントに漂うマルチカラーのバックロゴは、日本人アーティストE-WAXによるもの。ジャケット¥200,880(税込)/ミッソーニ(三喜商事TEL:03-3470-8237)

いまこそ取り入れたい! “ダサかっこいい”懐かしの90'sスタイルをもう一度。

イタリア産のホワイトの革に、シグネチャーである黄色のストラップやオレンジのケーブルタグがアクセントに。スニーカー¥81,000(税込)/オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™ (イーストランドTEL:03-6712-6777)