建築からプロダクトまで‟木”のよさを再発見!「ウッドデザイン賞 201...

建築からプロダクトまで‟木”のよさを再発見!「ウッドデザイン賞 2019」が今年もスタート

文:和田達彦

「ウッドデザイン賞 2018」ライフスタイルデザイン部門奨励賞受賞作品の「MOKULOCK・KODOMO シリーズ/OTONAシリーズ」。山形県のニューテックシンセイ社が製作したこの木製ブロックは、山形県産無垢材にこだわり、木製品のぬくもりを大切にしています。

木のよさや価値を再発見できる製品や取組みを国内外に発信する「ウッドデザイン賞」。2015年から毎年実施されていますが、5回目となる今年も応募作品の募集がスタートしました。日本では、戦後に造成された人工林がいよいよ本格的な利用期を迎えていますが、こうした森林は放置すると、土砂災害の原因になる危険...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
建築からプロダクトまで‟木”のよさを再発見!「ウッドデザイン賞 201...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。