坂茂建築と現代アートが融合した隠れ家ホテル、「ししいわハウス」が軽井沢...

坂茂建築と現代アートが融合した隠れ家ホテル、「ししいわハウス」が軽井沢に誕生。

文:立田敦子

坂茂建築と現代アートが融合した隠れ家ホテル、「ししいわハウス」が軽井沢に誕生。

木材がふんだんに使用された「ししいわハウス」館内。写真は国内最大級の木枠ガラスの大扉が印象的な「ライブラリー」。通常のロビーはなく、この場所でチェックインを行う。その名の通り、蔵書を読みくつろぐことも可能。

避暑地、あるいは永住の地として再び注目されている軽井沢。中軽井沢駅から2.5kmほど車で走った、別荘地としても人気のある千ヶ滝エリアに、建築とアートが融合したユニークな隠れ家ホテル「ししいわハウス」がオープンしました。

設計を手がけたのは、プリツカー賞を受賞し日本を代表する建築家のひとりである坂茂(ばんしげる)氏。「このプロジェクトでは、ホテルの美しいロケーションにふさわしい、独自のデザイン工法を生み出したいと思いました。ここにしかない特別な雰囲気を創造すべく、建築デザインからインテリアに至るまで、すべて綿密に計画しました。客室内には開放感あふれるスペースを生み出し、パブリック・エリアからは庭の美しい眺めを楽しみ、屋外へも簡単にアクセスできるようにしています。温もりのある雰囲気で統一感を生み出すために、ホテル主要部の素材には木材を選びました」と語ってくれました。

既存の森の木々に沿うようにデザインされた曲線状の形状が印象的な木造2階建ての建物は、周囲の自然と調和し、ひっそりと佇んでいます。紙管などユニークな素材を開発、使用することで知られる坂氏ですが、これまでのホテル建築には使用されたことのない木造パネル工法を使用するなど、イノベーティブな建築は彼の真骨頂といえるでしょう。

館内には、シンガポールの実業家であるオーナー、フェイ・ホアン氏の所有するアートが飾られています。「具体美術」のパイオニアである吉原治良を始め、ギュンター・フェルク、キム・チャンギョル、杉本博司、元永定正など坂建築に調和するように厳選された11作品の原画が、パブリックスペースのみならず、客室にもさり気なく展示されています。美術館やギャラリーで鑑賞するのとはひと味違うアート体験は、刺激的なリゾート滞在を約束します。

坂茂建築と現代アートが融合した隠れ家ホテル、「ししいわハウス」が軽井沢に誕生。

「ライブラリー」と「グランド・ルーム」をつなぐ中庭のウッドデッキ。天候のいい季節にはここでお茶や朝食もとれる。

坂茂建築と現代アートが融合した隠れ家ホテル、「ししいわハウス」が軽井沢に誕生。

既存の木々を活かすべく曲線を描いた木造2階建ての建物。よく見ると木製パネルの間にタイルが見えるが、内側は浴室。室内と外壁の素材が揃えられているのも特徴。

坂茂建築と現代アートが融合した隠れ家ホテル、「ししいわハウス」が軽井沢に誕生。

設計は、プリツカー賞受賞の国際的建築家である坂茂氏が担当。被災地支援の活動などでも知られるが、紙を建造物に使用するなど素材への飽くなきチャレンジが、このホテルにも活かされている。

1 / 2p