心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO ...
PROMOTION

心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が開催中。

文:梶原博子

心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が開催中。

大丸心斎橋店本館の1階ショーウインドウに展示されたエレナ・サルミストラーロのインスタレーション「Yokai Primates window by Elena Salmistraro」。

今年から始まった、大阪のデザインイベント「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 」。大丸心斎橋店を起点として世界の優れたデザインが一堂に会する本イベントは、11月4日(月)のフィナーレに向かって盛り上がりをみせている。

大阪市と姉妹提携を結ぶイタリア・ミラノで毎年4月に開催されるミラノデザインウィークの中で、ひときわ注目を集めるのがデザインの祭典「フォーリサローネ」だ。「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」は、今年のフォーリサローネで発表された話題の作品やインスタレーションの中から、特に注目の作品をデザインプロジェクトのプロデュースなどを手がけるSTUDIO LABO社がセレクト。今年9月にオープンした大丸心斎橋店本館と周辺の心斎橋エリアに集結させ、多くの人々の目を楽しませている。

メイン会場となる大丸心斎橋店本館では、複数のフロアに11作品を展示中だ。本館1階のショーウインドウでは、世界的に活躍するイタリア人デザイナーのエレナ・サルミストラーロ、マッテオ・シビクが本イベントのために制作した新作のインスタレーションが展示されている。また、フォーリサローネに参加した日本ブランドも凱旋。アートディレクターの居山浩二が監修し、マスキングテープで部屋一面が覆われたインスタレーション「CASA mt masking tape」などが本館5階にて披露されている。

心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が開催中。

大丸心斎橋店本館7階で展示されている、「世界の旅する窓」をコンセプトとしたイタリア人デザイナー3名による作品「Anotherview」。

心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が開催中。

マッテオ・シビクによる本イベントのための新作インスタレーション「Yokai Splender window by Matteo Cibic」。展示場所は大丸心斎橋店本館1階の御堂筋沿いのウィンドウ。

心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が開催中。

「Isko Denim Sound Textures」はトルコのデニムブランドIskoとイギリスのライフスタイル誌による共同インスタレーション。展示場所は大丸心斎橋店本館9階。

心斎橋エリアが最先端のデザインに染まる、 「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が開催中。

日本のマスキングテープメーカー、カモ井加工紙のインテリア向けマスキングテープ「mtCASA」を使ったインスタレーション「CASA mt masking tape」。展示場所は大丸心斎橋店本館5階。

1 / 2p