黒と白のうつわに込めた自由と挑戦、陶芸家・吉田直嗣の感性を見よ。

黒と白のうつわに込めた自由と挑戦、陶芸家・吉田直嗣の感性を見よ。

文:阿部博子

白磁の素地に柄杓で勢いよく黒い釉薬をかけた、新作の茶碗。ほとばしる躍動感を感じさせる作品です。

黒と白のうつわをつくり続ける陶芸家、吉田直嗣。派手な文様でも強い色彩でもなくモノトーンにこだわるのは、使う人に形の美しさを感じてほしいからだと言います。現在、2018年7月22日まで東京・原宿のギャラリー「グラフペーパー」で、3度目となる個展『吉田直嗣展』が開催されています。「均整のとれたうつ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
黒と白のうつわに込めた自由と挑戦、陶芸家・吉田直嗣の感性を見よ。
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。