4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

文:Pen編集部

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

「MUJI HOTEL GINZA」のフロントは「無印良品 銀座」の6階に。壁面に張られた、東京の昔の路面電車の敷石は、落ち着いた風情で外の喧騒を忘れさせてくれます。

4月4日、世界旗艦店「無印良品 銀座」が銀座3丁目にオープン! 売り場が3981㎡と無印良品単独のショップとしては最大の広さを誇ります。1階のベーカリーやブレンドティー工房など新しいコーナーにワクワクしながら上階に進めば、食、衣類、文具、家具や家電と圧巻の品揃え。地下には肉や魚、野菜と食材をダイナミックに見せるライブ感あふれる飲食店「MUJI Diner」もあり、話題に事欠かない「MUJIの館」です。なかでも、ひと際気になっていたものが同じ建物内の「MUJI HOTEL GINZA」。無印良品のホテルが、いよいよ日本に誕生です!
いよいよ!と煽り気味に書いた理由は、Penが2018年1月、中国・深センに開業したMUJI HOTEL第1号を昨年取材していたから。泊まって取材したライターやフォトグラファーが口々に、「とっても寛げますよ」と言うのを聞きいつか泊まりたいと思っていたところ、試泊の機会をいただきました。

MUJI HOTEL GINZAは、良品計画がコンセプトを提供、内装デザイン監修を行い、UDSが企画、運営、経営を実施。「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに掲げ、旅という短期の滞在であっても、日々の心地よい暮らしの延長線上にあるようなステイをつくり出そうとしています。
客室は全79室、「タイプA」から「タイプI」までの9種類。いずれも一般的な客室に比べて天井が高く(聞けば2800mmほどもあるとか)、視線が抜けるので最小の「タイプA」(14~15㎡)でもさほど窮屈には感じません。今回試泊した客室は「タイプC」。眠る(ベッド)、寛ぐ(ソファ)、ちょっと仕事もする(デスク)、と滞在中の各シチュエーションに必要なスペースのバランスが絶妙で、実に使いやすく、このまま暮らしたいほどの過ごしやすさ! 木をはじめとした自然素材は目にも触れる肌にも優しく、またダークな色調の石を床壁に用いた浴室は、モダンで清潔感があります。Bluetoothスピーカーなど室内設備の使い方は客室内のタブレットに。モーニングコールは、アラーム音に加えて照明の点灯とカーテンを自動で開ける設定もでき、起きやすくなんとも身体がラク。銀座の青空が視界に入れば、その爽やかさに二度寝もしません。

その他、たたみの小上がりに「洗えるマットレス」を置き布団感覚で眠れるようにした「タイプE」は日本ならではの体験を楽しみにしている海外の友人に薦めたいですし、ミニロフトのような2段ベッドがある「タイプG」は家族連れにぜひ、と視察の段階でいろいろな旅のストーリーが思い浮かびます。朝食は6階フロント隣のレストラン「WA」で。おばんざいを中心としたビュッフェスタイルで、この日は和と洋、約10種もの料理が並び目移り必至です。

普段よりつい量が多くなってしまった朝ごはんを食べながら、心安らぐ理由を考えてみました。シンプルで機能的な無印良品の家具やプロダクトがあるから。古材など時を経た素材も使われているから。きっとどれも正解です。ただ、あえていちばんの理由を挙げるならば、「上質なひと休み」を体験できるから、ではないかと思います。たとえば洗い立てのシーツに横になる時。不必要な飾りのない、すっきりとした気持ちよさに心が穏やかになっていきます。MUJI HOTEL GINZAはそんな風に、スタッフの笑顔から始まってさまざまな要素が「おかえりなさい」と温かく旅人を包んでくれる……華やかな銀座という街に誕生したこの清々しいホテルは、贅沢な存在だと思います。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

試泊した「タイプC」。44室と最も客室数の多いタイプです。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

たたみの小上がりがある「タイプE」。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

最も広い「タイプI」は52㎡。浴室にはヒバの木のバスタブを設置。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

6階のホテルのレセプションの隣にあるレストラン「WA」では、日本各地のふるさとの味を、朝、昼、夜と提供。初回は大分県のメニューです。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

さまざまな和の総菜。おにぎりの他に炊き立ての飛騨高山コシヒカリもあり、迷うところ。パンや洋食もあります。

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。

チェックインで渡される小さなお守り。いざという時の心得メモや銀座のマップがまとめられたペーパーと白いホイッスルが入っています。

MUJI HOTEL GINZA 
住所:東京都中央区銀座3-3-5 6F
TEL:03-3538-6101

全79室
タイプA(14~15㎡/セミダブル/1名1室)¥14,900(税サ込)
タイプB(20㎡/ダブル/1~2名1室)¥27,900(税サ込)
タイプC(24~25㎡/ダブル/1~2名1室)¥29,900(税サ込)
タイプD(34~35㎡/ツイン/1~2名1室)¥35,900(税サ込)
タイプE(36~37㎡/ツイン/1~2名1室)¥36,900(税サ込)
タイプF(36㎡/ツイン/1~2名1室)¥36,900(税サ込)
タイプG(25㎡/2段ベッド/1~2名1室)¥29,900(税サ込)
タイプH(27㎡/ダブル/1~2名1室)¥29,900(税サ込)
タイプI(52㎡/ツイン/1~2名1室)¥55,900(税サ込)
※宿泊人数によって別途料金がかかります。
タイプA: 2名利用時+¥5,000
タイプD、E、F、G: 3名利用時+¥5,000
タイプI: 3名利用時+¥5,000、4名利用時+¥10,000

朝食(ビュッフェ):大人¥1,800(税込)
チェックイン15時、チェックアウト11時
※2019年4月4日開業
https://hotel.muji.com/ja/

4月4日オープン!MUJI HOTEL GINZAの心地よさの秘密とは。