スペシャル版が間もなく公開! 池田エライザと 田口トモロヲが、ドラマ「...

スペシャル版が間もなく公開! 池田エライザと 田口トモロヲが、ドラマ「名建築で昼食を」を振り返る。

写真:前中寿方 文:Pen編集部

左から、建築模型士・植草千明を演じる田口トモロヲ。ドラマでは「乙女建築」と呼ばれる建築たちをSNSにアップしている。隣の池田エライザは広告代理店のコピーライターとして働く春野藤を演じる。ふたりはSNSを通じて出会い、数々の建築をめぐるというストーリーだ。

名建築の空間で、池田エライザ演じる春野藤と、田口トモロヲ演じる植草千明が優雅にランチを食べる……という真夜中ドラマ「名建築で昼食を」をご存知だろうか。1話30分の全10話で、舞台はクラシックホテルの代表格「山の上ホテル」や、フランク・ロイド・ライト設計の「自由学園明日館」など、名作と呼ばれながらいまも現役で使われている建築たちだ。ドラマの途中には、実際に建物の館長などを務めている人たちも登場し、建築のコンセプトやディテールへのこだわりといった解説も聞くことができる。さらにこのドラマでは「美味しいものが登場する」という嬉しい見どころも。ビーフカレーやマカロニグラタンをはじめとする料理が登場し、建築好きでなくてもグッときてしまうこと間違いなしの番組なのだ。

深夜にゆるりと、美しい建築と美味しいランチが見れるとあって好評だったこのドラマだが、放送は2020年10月に終了。しかしご安心を、昨年12月にドラマをまとめたオフィシャルブックが発売されているので、そちらをチェックしてみてほしい。

建築だけでなく、場面写真も満載の『名建築で昼食を オフィシャルブック』¥1,540(税込)が発売中。

そして2021年1月23日に、60分の拡大版スペシャルがテレビ大阪とBSテレ東で放送される。今回の舞台は横浜。マッカーサーやチャップリンも愛した歴史ある「ホテルニューグランド」や、「神奈川県立音楽堂」なども登場。さらに建築模型士・千明の過去が明かされる……という気になる展開も見逃せない。今回、この収録中の現場にお邪魔し、池田エライザと田口トモロヲの主演ふたりに、このドラマの思い出などを聞いた。

【関連記事】
ノスタルジックな建築×ランチ情報が満載! ドラマ「名建築で昼食を」オフィシャルブックをプレゼント。
秩序と無秩序のはざまで爆発的な発展を遂げた「昭和の建築」を、本で愉しむ。
小金井の「江戸東京たてもの園」で堪能する、昭和の建築と暮らし。
昭和レトロな喫茶店9軒
昭和レトロに 癒やされて。

1 / 2p
Feature Product ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。
Feature Product ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。