ものづくりの未来を担う“クラフト”作家とは? 『ロエベ クラフトプラ...

ものづくりの未来を担う“クラフト”作家とは? 『ロエベ クラフトプライズ』作品展を見逃すな。

文:小川 彩

大賞を受賞したのは、ドイツの作家、エルンスト・ガンペールによる『Tree of Life 2』。嵐で倒れた樹齢300年のオークに、緻密なフィリグリー(銀線細工)を施した技術と、自然素材を用いたオーガニックなテクスチャーが評価されました。

ロエベ財団が、世界中のクラフト作家やアーティストの作品を公募し、注目を集めていた「ロエベ クラフトプライズ」。2017年春に発表した大賞受賞者を含む最終ファイナリスト26名の作品展『インターナショナル クラフト プライズ』が、マドリードからニューヨークを経て東京へ巡回し、六本木の21_21...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ものづくりの未来を担う“クラフト”作家とは? 『ロエベ クラフトプラ...