名作椅子も座ってOK!「椅子の神様」、宮本茂紀の仕事に触れる展覧会。

名作椅子も座ってOK!「椅子の神様」、宮本茂紀の仕事に触れる展覧会。

文:はろるど

『SPRING』2019年 デザイン:佐藤卓 製造元:ワイス・ワイス 製作・所蔵:五反田製作所グループ 撮影:尾鷲陽介 宮本による最初の試作品。スケルトンでできていることから、内部のコイルスプリングの構造などがよくわかる。「人の一生より長い寿命をもつソファ」をコンセプトに、伝統的な日本の木組みの技術を生かして開発された。

1950年代から現在に至るまで約65年以上も椅子づくりに携わり、「椅子の神様」と称される宮本茂紀。15歳にして明治由来の伝統的な椅子づくりを学び、新たな素材や変化する技法に対応しながら、デザイナーや建築家のデザインした椅子を試作するモデラーとして数多くの名作を世に送り出してきた。LIXILギャ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
名作椅子も座ってOK!「椅子の神様」、宮本茂紀の仕事に触れる展覧会。