大阪中之島に生まれた「本の森」は、安藤忠雄から子どもたちへの贈りもの。

大阪中之島に生まれた「本の森」は、安藤忠雄から子どもたちへの贈りもの。

文:山田泰巨

3階建ての館中央にある大階段。子どもたちにとっては読書スペースにも。Photo: Shunsuke Ito

大阪の中心部を流れる堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島公園に、子どもたちが本と出会い、本を楽しみ、本に学ぶ施設となる「こども本の森 中之島」がオープンした。建物を寄贈したのは、設計も手がけた建築家の安藤忠雄だ。「本に囲まれた迷宮、本と巡り合う場所。何度も通いたくなる場所を目指しました」と安藤は施...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
大阪中之島に生まれた「本の森」は、安藤忠雄から子どもたちへの贈りもの。