「ジンズ」の最新作は、ブルレック兄弟が手がけた“どんな人にも似合う”繊...

「ジンズ」の最新作は、ブルレック兄弟が手がけた“どんな人にも似合う”繊細な一本。

写真:齋藤誠一 文:高橋美礼 撮影協力:HAMACHO HOTEL/TOKYO CRAFT ROOM

フランス人兄弟デザイナーロナン&エルワン・ブルレックが、ジンズの新作のアイデアを語った。

“メガネを本質からデザインする”というコンセプトのもと、世界的なデザイナーを起用して新たな価値あるメガネを提案する「ジンズ デザインプロジェクト」。その第5弾となる今回、ロナン&エルワン・ブルレックとのコラボレーションによって、「スガタ(SUGATA)」コレクションが完成した。

パリを拠点に、家具から照明器具、家電、テキスタイルまで世界的規模で手がけるブルレック兄弟にとって、メガネをデザインするのは初めての挑戦だったとは意外だが、試行錯誤や苦心を想像させないほど、「スガタ」の全4型16種類は自然で、存在を主張しすぎない空気感を漂わせている。

兄のロナンは、形状へのアイデアをこう語る。

「かける、はずす。その動きを伴うのがメガネです。そして同時に、メガネをかけることによってその人自身の佇まいが補完され、単なる美しさ以上の洗練された姿になる。そういった点に着目して私たちが選んだ概念が、“エレガンス”です」

彼らが望む、軽やかで透明感のあるメガネを実現するには、ジンズの技術力も当然不可欠だった。特に、フロントとヒンジをつなぐ「ヨロイ」と呼ばれる部分をなくすという革新的なアプローチを成し遂げたことは、「文化的に鑑みても、いままでにない発想だった」と弟のエルワンも振り返る。

「ヨロイをなくすにあたり、顔の上でちゃんとバランスが取れるように細部まで工夫し、かける人自身を引き立てるように考え抜き、柔軟性と幅広さにたどり着きました。選ぶメガネによって、その人をおかしなキャラクターで歪めたりしないように、エレガンスをもって佇まいを表現できるように、技術力と素材を駆使しているのです」

フレームは丸みのあるタイプから角ばったものまであり、カラーも透明なピンクやクリアから濃いブラックまで揃う。一見、全く違うように感じられるバリエーションは、同じデザイン理論に基づいて作られているからこそ、「どんな人にもふさわしいひとつ」が見つかる包容力を備えているのだろう。

発売に合わせて来日したブルレック兄弟。「このライン以外はあり得ない、という仕上がりは、書体をデザインするのに近いことだったかもしれない」と話すのは、弟のエルワン(左)。

「メガネは日々、身につけるもの。完璧な白いシャツやジーンズのように、ベーシックだけれどエレガントで、洗練されているべき」と兄のロナンは言う。

「スガタ」のラインナップは4型16種類。全型共通のマットブラックとブラウンデミ色以外は、それぞれの形にふさわしい色が選び抜かれた。

ふたりのお気に入りはこちら。ロナンは「スガタ R」マットブラック(下)、エルワンは「スガタ S」カーキ(上)をチョイス。

エルワンがかけているのはUS限定モデルの「スガタ R」のクリア。普段は「スガタ S」カーキを愛用中だ。

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第4回:職人の手作業による、極上の仕上げ。
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第4回:職人の手作業による、極上の仕上げ。