「イケア」が全力でコラボする、新時代クリエイターのヴァージル・アブロー...

「イケア」が全力でコラボする、新時代クリエイターのヴァージル・アブローとは !?

写真・文:高橋一史

「イケア」が全力でコラボする、新時代クリエイターのヴァージル・アブローとは !?

アメリカ人デザイナー、ヴァージル・アブロー。

ミレニアル世代、SNSのバズ、インフルエンサー、ストリート、ハイ&ロー……。現在のファッションの最前線では、こうしたキーワードが飛び交っています。上品な高級品に皆が憧れた時代とは目線が異なる、サブカルチャーに根ざした若い世代による新たな価値観が、急速に世界中に広がっているのです。この動きに方向を定め、大きく舵を切ったのが、スウェーデンの大手家具メーカー、「イケア(IKEA)」。若者を熱狂させ、“バズる” ファッションデザイナーのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)と手を結び、新コレクション「マルケラッド(MARKERAD)」を誕生させました。ヴァージルのクリエイションとは果たしてどのようなものでしょうか。東京で開催された特別イベント「“STILL LOADING”」を通じて、その発想の源を探ります。

実はマルケラッドの販売は、2019年11月と約1年も先のことです。2018年9月のパリに続き、東京でもプレローンチとして、12月15日のこのイベントでお披露目されました。製品化が予定されているのは、テーブル、ベッド、椅子、収納棚、スタンドミラー、壁掛け時計など、生活空間を形づくるラインアップです。イメージされたのは、「ミレニアル世代の初めての一人暮らし」。お金をもたず、小さな部屋に住む現代の若者が好むアイテムが考えられました。このターゲット層の獲得に、ヴァージルはうってつけの人物といえるでしょう。

大学で建築を学び、カリスマ的な人気ラッパーのカニエ・ウエストの活動に関わり、高価格帯なストリートブランド、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」を立ち上げて大ヒットさせた彼。プレミアムを生み出す才覚に着目した「ルイ・ヴィトン」は、2019年春夏シーズンより、彼をメンズのアーティスティック・ディレクターに任命。名実ともに、モード界のトップの仲間入りも果たしました。いまやヴァージルは、ダイバーシティ(人種や世代などの多様性)の象徴ともいえるクリエイターになったのです。

一般公開に先駆けたメディア向け内覧会のトークショーで、来日した彼が語りました。
「イケアの魅力は、より多くの人に届けられる民主的(デモクラティック)な製品にあります。ファッション、音楽、アートは、20代前半の若者のためにあると私は考えており、マルケラッドもミレニアル世代に向けてつくりました。自分が初めて音楽CDを買ったときの気分、最初に家具を買ったときの印象を思い描きました。今回の家具は、彼らが愛するスニーカーと同じ価値をもつはずです。さらに、単なる家具ではなく、ユーモラスなアートピースでもあるのです」

「イケア」が全力でコラボする、新時代クリエイターのヴァージル・アブローとは !?

メディア向けトークショーの様子。右から、ヴァージルの大ファンで、質問役を担ったコブクロの黒田俊介、ヴァージル・アブロー、イケアのクリエイティブ・ディレクターのヘンリック・モスト。

「イケア」が全力でコラボする、新時代クリエイターのヴァージル・アブローとは !?

2019年11月発売予定のコラボ製品(プロトタイプ)を揃えた室内空間。会場は、天王洲アイル駅近くの寺田倉庫。

「イケア」が全力でコラボする、新時代クリエイターのヴァージル・アブローとは !?

スウェーデンの民芸椅子「ピンストール」にインスパイアされたプロトタイプ製品。右前脚の先にドアストッパーを取り付けたユーモアがヴァージルらしい。

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。