イタリア建築界の父、ジオ・ポンティ展がパリ装飾美術館で開催。パリの人々...

イタリア建築界の父、ジオ・ポンティ展がパリ装飾美術館で開催。パリの人々を魅了し、5月5日まで会期が延長されています。

文:Pen編集部

イタリア建築界の父、ジオ・ポンティ展がパリ装飾美術館で開催。パリの人々を魅了し、5月5日まで会期が延長されています。

Conception graphique : BETC et Italo Lupi Crédits photos : © Gio Ponti Archives ; Editoriale Domus S.p.A., all rights reserved ; Paris, MAD, photo Jean Tholance ; Francesco Radino ; Courtesy Wright Auctions ; Associazione Amici di Doccia / Arrigo Coppitz ; Vincent Thibert

昨年秋、パリ装飾美術館で幕を開けた、イタリア建築界の父、ジオ・ポンティ(1891〜1979年)の大回顧展。フランスで初めて開催された初の本格的なジオ・ポンティ展は反響を呼び、去る2月で終了の予定でしたが5月5日まで会期が延長されました。パリの人々を魅了している展覧会は、どんな内容なのでしょうか? ポンティが設計したタラント大聖堂のような、幾何学図形を切り抜いた白いファサードが見学する人々を出迎えます。

イタリア建築界の父、ジオ・ポンティ展がパリ装飾美術館で開催。パリの人々を魅了し、5月5日まで会期が延長されています。

"Tutto Ponti: Gio Ponti archi-designer"(トゥット・ポンティ:ジオ・ポンティ アーキ=デザイナー)展会場入り口。

イタリア建築界の父、ジオ・ポンティ展がパリ装飾美術館で開催。パリの人々を魅了し、5月5日まで会期が延長されています。

タラント大聖堂、1964-1970年。photo: © Luca Massari

1 / 2p