気鋭の建築家・田根剛が、パリの街を‟ふろしき”で彩る『FUROSHIK...

気鋭の建築家・田根剛が、パリの街を‟ふろしき”で彩る『FUROSHIKI PARIS』が開催!

文:中島良平

パリ市庁舎前広場に登場する、唐草模様のふろしき包みをモチーフにしたパビリオンで。 ©Atelier Tsuyoshi Tane Architects | photo: Marc Verhille

約1300年にわたって使われ続けてきた"ふろしき“。その機能性やおもてなしの精神、美意識、生活の知恵が詰まった、多彩な魅力を紹介するイベント『FUROSHIKI PARIS』が、「パリ東京文化タンデム2018」の一環として、東京都の主催によってパリで2018年11月1日から6日まで開催されます...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
気鋭の建築家・田根剛が、パリの街を‟ふろしき”で彩る『FUROSHIK...