この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「...

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「OKINAWAN MARKET」がいよいよ開催。

写真:江森康之 文:牧野容子

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「OKINAWAN MARKET」がいよいよ開催。

ファッションからインテリアや雑貨まで、伝統的な手仕事と新旧のデザインを融合させたスタイルが人気のセレクトショップBEAMSのレーベル「フェニカ」。その「フェニカ」の毎年恒例のイベント「OKINAWAN MARKET」が、今年も3月2日(金)から開幕します。伝統的な沖縄の陶器“やちむん”をメインに、ガラス器、紅型の雑貨、アクセサリー、食品など、沖縄のクラフトを幅広く紹介するこのイベント。なかでも毎年1000点を超える品揃えを誇る陶器は、オープンの日にファンが列をなすほどの人気アイテムです。毎年の反響を受けて、今年は1300点以上のやちむんが用意され、会場を埋め尽くします。

「フェニカ」のやちむんの魅力は、ディレクターとして企画やバイイングを手がけるテリー・エリスと北村恵子の両氏がたびたび沖縄の窯に足を運び、自らの目で一点一点、選んだものであること。その中には、二人の意見を取り入れた別注のやちむんも数多く含まれています。それは、長年にわたって築き上げたつくり手たちとの信頼関係によるもので、それが、他のいわゆる“陶器市”とは大きく違うフェニカならではの人気の理由といっていいでしょう。

「沖縄のつくり手さんとの関わりも、もう20年以上になります。今年は長年お付き合いのある工房から独立して数年になる若手の方たちの成長ぶりが著しいので、その点もぜひ見ていただきたいですね」と、エリスさんと北村さんも語ります。

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「OKINAWAN MARKET」がいよいよ開催。

「OKINAWAN MARKET2018」に出品する陶器のチェックをするバイヤーのテリー・エリスさん(左)と北村恵子さん(右)。

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「OKINAWAN MARKET」がいよいよ開催。

飯碗、汁椀として使える碗(マカイ)。左は山田真萬の作。4寸マカイ¥3,780(税込み)、右は松田米司工房の作。4寸マカイ¥1,620(税込み)

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「OKINAWAN MARKET」がいよいよ開催。

外側が膨らんだ独特の形がかわいい沖縄の湯呑み茶碗。同じデザインでも窯の中に置かれた位置によって線の流れ具合が違った仕上がりになる。2点とも読谷山焼北窯/松田米司工房の作。各¥1,728(税込み)

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「OKINAWAN MARKET」がいよいよ開催。

「フェニカ」の店舗では、日頃から沖縄の厨子甕や嘉瓶(ゆしびん)がインテリアの一部に。

この品揃えは「フェニカ」ならでは! 1000点以上の “やちむん”が並ぶ「...