エネルギーに満ちた1960年代の香港を思わせる、マリン...
30

エネルギーに満ちた1960年代の香港を思わせる、マリンテイストな洒落ホテル

ザ・フレミング香港(香港)

海外の友人から、「どうして日本にはブティックホテルが増えないの?」とよく聞かれます。
カプセルホテル、古民家を改装したホステルや風情ある一軒家民宿、小規模ホテルなどは増えていますが、中規模以上のホテルが日本でなかなか増えない理由は「資本力」いわば「お金」にあります。ホテルを開発しようしていて、かつ一定以上の資本を投下したいと思わせる魅力的なホテルプロデューサーが少ないからです。
他の国にはプレイヤーと資本家がマッチする場が多々あり、最近では中国、韓国、台湾、香港などでブティックホテルが増えています。その多くがホテルプロデューサーと資本家のアライアンスによるものです。


このザ・フレミング香港もそのひとつ。もともとは1970年代に建てられた建物を活用して2006年に開業したホテルを、オーナーのJohn Huiが2017年に改装し生まれ変わらせました。Johnは元テニスプレイヤーという異色の経歴をもつアントレプレナーです。
改装デザインを手掛けたのは「ア・ワーク・オブ・サブスタンス(A Work of Substance)」。香港の他に、パリとストックホルムにオフィスを構えるデザイン事務所です。

ホテルのコンセプトやデザインは、1960年代の香港をイメージ。その時代は香港が経済成長していた時代で、特に発展に重要な役割を果たした「海事」の要素をふんだんに取り入れています。客室も、香港の象徴でもあるクロスハーバーフェリーに着想を得たクラシックなスタイルになっています。

インテリアにおいて、床や壁の内装仕上げから照明やドアノブ、サインなどの細かいディテールまでデザイナーの気配りを感じます。予算の都合で削られやすいような部分でもきちんとクリエイティビティが行き届いているところが実にブティックホテルらしいホテルです。

1階にあるイタリアン・レストランはインテリアデザインもよく、仕事終わりの金融マンたちでいつも賑わっています。

立地は中環(セントラル)と並ぶ香港の中心・湾仔(ワンチャイ)エリアで、ビクトリア・ハーバーまですぐ。ビジネス利用でも観光利用でも使える立地です。
五つ星ホテルに慣れている人には少しハードルは高いかもしれませんが、デザインが優れていて、少し刺激的な宿が好きと言う人はお薦めのホテルです。

エネルギーに満ちた1960年代の香港を思わせる、マリン...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。