刺激的なアート作品を楽しめる、プロヴァンスのワイナリーホテル
16

刺激的なアート作品を楽しめる、プロヴァンスのワイナリーホテル

ヴィラ・ラ・コステ(プロヴァンス)

一言で言うと、「圧倒されました」。そのすべてに……
ワイナリー畑の中に、アート作品と宿泊施設があります。
上の写真に写っているのは、フランク・ゲーリーの『Pavilion de Musique』(2008年)。

内装、ランドスケープ、インテリアデザイン、すべてが超上級です。
特にアートワークへのこだわりが凄い。抜け目がなく脱帽です。

壁に掛かっている作品はフェルナン・レジェ『L'homme à la pastèque』。

このホテルを訪問することになったきっかけは、ロンドン市内を友人(スイス在住のマキさん)と散歩していた時に偶然、こちらのホテルのオーナーのパトリック・マッキレンと交差点ですれ違ったことからでした。

パトリックはアイルランド出身のホテリエであり、アート・コレクター。マキさんとは昔から家族ぐるみの付き合いで親交が深いそうで、交差点のど真ん中でご紹介いただきました(笑)。

とても素晴らしいホテルとは聞いていましたが……ここまでグッドテイストだとは思っていませんでした。

デザインセンスが抜群で、きっと敏腕のディレクターがいるはず。それがパトリックなのかもしれません。
ハイラグジュアリーなデザインの中に、刺激的なアートワークが交じっていますが、まったくいやらしさがありません。

杉本博司『Mathematical Model 012 Surface of Revolution with Constant Negative Curvature』2010年。

夜は大人な雰囲気に変わり、レストランでのディナーには皆さんお洒落(フォーマルな服装)をして参加します。
ワイナリーホテルなので、ディナーやルームサービスのお酒はハウスワインがオススメ。白も赤もロゼも、とても美味しかったです。

このホテルが他のワイナリーホテルと違うのは、ワイナリー内にあるアート作品です。
安藤忠雄から隈研吾、杉本博司、アレクサンダー・カルダーなど、一流のクリエイターやアーティストたちの作品があります。

朝食前に自転車に乗ってアート巡りをしましたが、1時間もあれば満喫できます(アテンダー付きアクティビィティも有)。

客室は全てヴィラタイプで、白とベージュを基調としたモダンな内装です。
プール付きの部屋だったのですが、残念な事に雨で入れず……。

今回は1泊の滞在でしたが、次回は長期滞在したいホテルです。


ちなみに、3月26日、京都にヴィラ・ラ・コステの姉妹ホテル「The Shinmonzen」がオープンしました。美術商が集う新門前通りに立地し、安藤忠雄による建築とコンテンポラリー・アートが堪能できるそうです。工事中の外観を見たのですが、こぢんまりとした印象でした。

機会があれば訪れたいと思います。

刺激的なアート作品を楽しめる、プロヴァンスのワイナリーホテル

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。