ビーチクラブのデッキで“オンリー・のんびり”過ごす、エ...
14

ビーチクラブのデッキで“オンリー・のんびり”過ごす、エーゲ海の楽園ホテル

マカキジ(ボドルム)

「ヨーロッパのヒップスターが集まるホテル」

イギリスのライフスタイル/ビジネス情報誌『MONOCLE』の編集長であるタイラー・ブリュレ氏からそうお薦めされて訪れたホテルです。


トルコというとイスタンブールやカッパドキアのイメージが強いかもしれませんが、ここボドルムは美しいビーチのある最高のリゾート。

不思議な響きの”MACAKIZI”という名前は「スペードのクイーン」を意味し、初代オーナーのニックネームに由来しているそうです。

ホテルがこの地にオープンしたのは2000年。

オープンから年月が経っている割に、知る人ぞ知る秘密の楽園的な雰囲気にあふれています。


ここでの過ごし方、それはのんびりすること。“オンリー・のんびり”です(笑)。

「旅先での一番の贅沢は何もせずにゆったりと過ごすこと」

そう感じる人には本当にお薦めできます。

どうやってのんびりするかというと、ビーチクラブのデッキに腰掛け、昼前から夕方までひたすらリラックス。プールもありますが、このホテルでプールを利用する人はあまり見かけません。

ほとんどのゲストがビーチクラブのデッキでくつろいでいます。


当然暑くなればデッキから海に飛び込むのもアリ。

チルするには最高な場所です。

イスタンブールから夜遊び好きな人たちがフラッと遊びに来ていたり、毎晩DJが心地よい音楽を選曲して流していたり。気取らない自然体のお洒落な若者から高齢までゲストが集うこのホテルは、リゾートにまで来て緊張するのは少し苦手という人にはピッタリのヒップな場所です。


スタッフもゲストもウォームな人達が多く、とても穏やかでちょうどよい抜け感のある雰囲気。


部屋はもちろん、オーシャンビューがよいでしょう。

エーゲ海を望むバルコニーでゆったりと過ごす。

ボドルムのブティックホテル、MACAKIZIは、そんな快適で贅沢な時間を過ごすことができるホテルでした。

ビーチクラブのデッキで“オンリー・のんびり”過ごす、エ...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。