砂漠のテントホテルでしか体験できない、アクティビティを...
12

砂漠のテントホテルでしか体験できない、アクティビティを全身で満喫。

デザート・ナイツ・キャンプ(オマーン)

16,000㎢もの広大なワヒバ砂漠のど真ん中に突如現れる、ベドウィン・スタイルのテントホテル。世界中に広がる希少体験型ホテルの代表格といえます。

ベドウィンとは、アラビア半島を中心に中近東・北アフリカの砂漠や半砂漠に住むアラブ系遊牧民のこと。施設には39のテントが点在し、私が宿泊したのはNo.15のテント。とある国の大統領が4日間宿泊されたこともあるようですが、テントがものすごく豪華というわけではありません(笑)

部屋の中はシンプルなつくりで、伝統的なオマーン家屋の雰囲気を味わうことができます。エントランスにあるチェアに座って過ごすチルタイムもオススメです。

今回ここを訪れた最たる目的は、この場所でしかできないアクティビィティを体験すること。

果てしなく広がる砂漠での美しいサンセット観賞や、この地ならではのキャメルサファリ。砂の上を駆け抜けるバギーバイクやオフロード走行にサンドボードなど、どれも満足できるのでぜひ現地を訪れてトライしてほしいです。

子ども専用のバギーバイクも用意されているので、子どもでも運転できるのが日本と違うところ。大人も子どもも一緒に楽しむことができ、2日あればすべて満喫できます。

夕食にプライベートディナーを申し込むと、特別な場所に案内され、専属のサービススタッフたちがもてなしてくれます。リクエストすれば、オマーンのスパイスでマリネされた肉をバナナの葉やヤシの葉で包み、地面を掘ってつくったオーブンでゆっくり焼くオマーン伝統の肉料理、Shuwa(シュウワ)も提供してくれます。

全身砂まみれになって全力で楽しむ機会は、大人になるとなかなかありません。マスカット空港から3時間かかる秘境の地ですが、充実のアクティビティ体験にあふれた時間を過ごすことができます。

また、スタッフのホスピタリティにはオマーン特有の優しさが感じられて、初めてでも温かい雰囲気の中で安心して滞在できるのも魅力です。

ただ、チェーンラグジュアリーホテルに慣れている日本のエグゼクティブ層には、テントは少しタイトかもしれません(笑)

砂漠のテントホテルでしか体験できない、アクティビティを...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。