1泊では足りない! ソ連時代の印刷所をリノベした、ジョ...
10

1泊では足りない! ソ連時代の印刷所をリノベした、ジョージアの巨大ホテル

スタンバ・ホテル(トビリシ)

訪れたきっかけは、TRUNK(HOTEL)も加盟している独立系ホテルの世界的なネットワーク、デザインホテルズのカンファレンスへ参加するためでした。以前からジョージアのホテルが熱いと聞いて気になっていたので、とても楽しみに訪れました。

首都トビリシにあるこちらのホテルは、AHEAD(ホスピタリティ&デザインを表彰する世界的なホテルのアワード)のコンセプト部門を受賞したホテルです。

到着してまず、施設の巨大さに驚きました。

旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社をリノベーションしたホテルで、エントランスの先のロビースペースは天井まで吹き抜けになっており、コンクリートの柱のみを残したデザインが特徴的です。

インダストリアル調やウッドモダン調など客室のデザインは複数ありますが、どの部屋にも金色のバスタブが。

庭には野外劇場やピンク色の室内農園があり、1泊では施設の全貌を把握しきれないほどでした。巨大なルーフトップでは、250人が参加したカンファレンスの着席ディナーパーティが開催されました。

レストランの食事も朝から夜まで質の高さを担保していて、カフェで販売するチョコまで自社製造しているなど、モノづくりにこだわりが強くあるホテルです。

オーナーはジョージアでも有名な名士で、この都市のホスピタリティ業界を盛り上げたいという高い志を持っている方です。ここ以外にも5軒のホテルや、放送局の経営、さらには農園の開発まで行っています。

隣には同じオーナーが経営するRooms Hotelがあり、そこを繋ぐラウンジとライブラリーの大きさとデザインにも驚かされます。ホテル内には、ジョージアきってのセレクトショップ、CHAOS Concept Storeもあります。

なかなか行く機会がないジョージアにあるホテルですが、ホテル好きにはお薦めです。

1泊では足りない! ソ連時代の印刷所をリノベした、ジョ...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。