京町家×「こだわり風呂」で快適な滞在を約束する、カンデオホテルズ京都烏...

京町家×「こだわり風呂」で快適な滞在を約束する、カンデオホテルズ京都烏丸六角とは

文:久保寺潤子

京都市登録有形文化財に指定されている京町家を保存改修し、宿泊者のためのラウンジに再生。襖に描かれた池大雅の墨絵、応接の間の面皮柱や面皮長押など、貴重な建築意匠を間近で見られる。

全国で23軒を展開するカンデオホテルズ。便利な立地、利用者のツボを押さえたサービスでリピーターも多いが、この6月に、初の京都店となる「カンデオホテルズ京都烏丸六角」がオープンした。京都の中心地である烏丸御池駅から徒歩3分という好立地で、レセプション棟、客室や大浴場の入るホテル棟の2棟で構成されている。


老舗旅館のような佇まいの風格ある格子戸を開けると、そこには坪庭を囲んだ寛ぎの空間が広がる。レセプション棟であるこの建物は旧伴家(ばんけ)住宅と呼ばれ、明治期に建てられた典型的な京町家で、有形文化財に登録されている。坪庭を囲んで南北に住居と店舗がつながる二階造りの空間は宿泊者のためのパブリックスペースで、お茶を飲みながら寛いだり、夜は2階のバーでお酒を楽しむこともできる。


レセプション棟脇の通り土間を抜け、裏へ回ると一転、10階建ての近代的なホテル棟が現れる。全106室の客室は21〜27㎡とコンパクトでありながら、シモンズ社のベッド、小上がりソファ、Wi-Fiまで備えた快適な設計だ。一晩中利用可能な大浴場「スカイスパ」には内風呂とサウナ、外気を感じられる外湯を完備。朝食は旬のおばんざい14品を折詰にした「京のおばんざい朝御膳」を京町家ラウンジで食べられる。


烏丸御池周辺は、祇園祭の際に、山鉾(やまぼこ)が組み立てられる由緒ある土地。近所には老舗喫茶店や話題のベーカリーなど店も充実しており、暮らすように滞在できるのが魅力だ。京都の伝統的な空間を体験しながら快適に過ごせるこのホテル、京都滞在のとっておきアドレスになりそうだ。


厨子(つし)二階のスペースは24時間利用できるライブラリー。ダイナミックな大梁、やわらかな光が差し込む虫籠窓など、京町家の風情がたっぷり。

客室側の階段を上がった8畳2間の奥には、セルフサービス式のバー空間が。ワインやクラフトビールを畳の空間でゆっくり楽しめる。

エグゼクティブキングは3名まで宿泊可能。京町家ラウンジとは対照的に、機能的でスタイリッシュな内装だ。

1 / 2p
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来