新球場も誕生! 北海道日本ハムファイターズ率いる栗山監督へ、10の質問。

新球場も誕生! 北海道日本ハムファイターズ率いる栗山監督へ、10の質問。

文:渡辺芳浩 画像提供:H.N.F.

JR北広島駅からほど近い総合運動公園を利用。32ヘクタールの敷地は新球場の他、イベント施設ができキャンプやBBQ、スケートが楽しめる予定。北広島市は札幌と新千歳空港のほぼ中間に位置。札幌から通勤圏内で農業や畜産加工が盛ん。人口5万8000人、新千歳空港からクルマで約30分。

北海道日本ハムファイターズが誕生したのは2004年。道民にとって念願のプロ野球球団誘致とあって、以降、人気は不動だ。そしていま、新たな希望が姿を現し始めた。新球場の建設だ。専用球場での野球観戦という側面にとどまらず、地域振興をも含めた壮大なボールパーク構想が進行している。ファイターズ スポーツ&エンターテイメント(FSE)の前沢賢取締役事業統轄本部長は語った。

「最近、スポーツ観戦の概念が変わってきていると感じています。もちろんプロ野球もそうですが、球場は野球に興味のある人だけのものではない。副次的な目的、たとえばキャンプやイベントなどを楽しむ場として、広義に捉える必要があると思います」

前沢さんがイメージするのは、北海道らしさが感じられるボールパークだ。目指すのは、本来、スポーツがもっている醍醐味、つまり自然の中で最高のプレーを間近で体感させること。単なる球場という枠を越え、人々や地域とのつながりを生み出すという「北海道ボールパーク構想」だ。アメリカでは球場の新設・移転の際、企業誘致や都市整備も含めて周辺地域を再開発するのがトレンドである。

1 / 4p
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力