瀬戸内がますますお洒落に! アマン創立者による「Azumi Setod...

瀬戸内がますますお洒落に! アマン創立者による「Azumi Setoda」と「SOIL SETODA」が誕生

文:小長谷奈都子

サイクリストの聖地として知られるしまなみ海道の中央に位置するのが生口島の瀬戸田町。日当たりのよい傾斜地や温暖な気候のため、レモンや柑橘類の名産地としても有名。photo:Max Houtzager

瀬戸内海のしまなみ海道沿いにある町、瀬戸田がいま賑やかだ。3月1日には、アマンリゾーツ創始者のエイドリアン・ゼッカ氏が手がける新しい旅館「Azumi Setoda」と銭湯やサウナを備えた旅籠「yubune」がオープン。そして4月10日には、地域の魅力を体験できる街のリビングルームとして「SOIL SETODA」が誕生した。

ヒノキの心地いい香りに包まれた客室は50〜70平方メートルのゆったりしたつくり。ベッドの足元に設けられたソファに座れば、部屋ごとにに設計された坪庭を楽しめる。photo:Tomohiro Sakashita

「Azumi Setoda」は、製塩業や海運業で財をなした豪商・掘内家の築140年の邸宅を受け継ぎ、改修・復元を施して現代的な趣の空間に蘇らせた旅館。計22室の客室と、庭園、東屋、ダイニング、ラウンジ、ギャラリーなどで構成される。建築デザインを監修するのは、伝統的な日本建築を主とする六角屋・三浦史朗。木、石、土といった自然の素材と、潮風や光、気候など土地の風土が調和する空間となっている。奥へ進むほどにパブリックとプライベートの境界が段々と変化していくのも特徴だ。食事には魚介類や柑橘類など地元の旬の食材をふんだんに使用。瀬戸田が海上交易の要所だったことから、ハーブやスパイスを取り入れたり、まるで掘内家が客人をもてなすような家庭料理や宴会料理を提供する。

旅館の向かいに別棟として立つ「yubune」は、銭湯とサウナ、湯上がりラウンジに加え、客室14室を用意。旅館の一部でありながら、旅人だけでなく、地元の人々にも幅広く開かれた施設で、双方の交流の場としての役割を担っている。銭湯壁画はミヤケマイ、玄関の暖簾は染司よしおかと、現代を代表するアーティストや職人が参画している点も注目だ。

料理監修は巧みなスパイスやハーブ使いで独自の世界を紡ぐ京都の人気店「ブランカ」の吉岡哲生シェフ。大胆な大皿料理や繊細な小皿料理が旧掘内邸所蔵の美しい器で供される。photo:Max Houtzager

瀬戸内の風景や魚が描かれたyubuneの銭湯壁画はミヤケマイの作品。こちらは男湯で昼間の風景、女湯は夜の風景となる。ビジター利用も可能で、季節によってレモン風呂や塩の湯体験も。photo:Tomohiro Sakashita

Azumi Setoda
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269
TEL:0845-23-7911(代表)
Azumi Setoda:全22室、約¥65,000〜(税・サ別、銭湯入浴込み、朝食込み)
Yubune:全14室、約¥20,000〜(税・サ別、銭湯入浴込み、軽い朝食込み)
http://azumi.co

1 / 2p
Feature Fashion これからは「脱毛」も男の身だしなみのひとつ。自宅で手軽に始められる「スムーズスキン ピュア」に注目。
Feature Fashion これからは「脱毛」も男の身だしなみのひとつ。自宅で手軽に始められる「スムーズスキン ピュア」に注目。