変幻自在なデザインの海に圧倒される、『第22回亀倉雄策賞受賞記念展 菊...

変幻自在なデザインの海に圧倒される、『第22回亀倉雄策賞受賞記念展 菊地敦己 2020』。

文:はろるど

会場にはこれまでに菊地敦己がデザインした作品が所狭しと並んでいる。展示数は約1000点。どこから見るべきか迷う。photo: Harold

1964年の東京オリンピックや70年の大阪万博のポスターなどの名作を生んだ亀倉雄策の生前の業績を讃え、グラフィックデザインの発展を目指して99年に設立された亀倉雄策賞。過去の受賞者には原研哉や佐藤卓、色部義昭らの名だたるデザイナーが名を連ねており、日本グラフィック界の最高賞として高く評価されて...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
変幻自在なデザインの海に圧倒される、『第22回亀倉雄策賞受賞記念展 菊...