老舗旅館「松本十帖」の大浴場で、知の源泉にどっぷり浸かる。

老舗旅館「松本十帖」の大浴場で、知の源泉にどっぷり浸かる。

写真:藤井浩司(TOREAL) 文:はまだふくこ

大浴場を再利用した「オトナ本箱」。「本に溺れる」がコンセプトで、タイル張りの湯船に浸かり写真集をめくれば、時を忘れて過ごせる。

古くから交通の要衝として栄えた城下町の風情が残る松本。その中心からクルマで15分ほど走ると、温泉街に到着する。1300年以上の歴史を誇る浅間温泉だ。昭和レトロな街並みが続く、やや寂れた温泉郷ではあるが、その一角で地域創生に向けた取り組みが動き出している。創業335年の老舗旅館「小柳」の再生プロジェクトで、昨秋にリノベーションして誕生した「松本十帖」は、小柳の名を引き継いだファミリー向けのホテルと、1万2000冊の蔵書を有するブックホテル「松本本箱」を核とする複合施設だ。

暖簾をくぐり、松本本箱に足を踏み入れると、すぐに天井まで続く本棚に迎えられる。続く雑誌コーナーの先には、出版取次大手・日販の選書チームによってセレクトされた「知らなかった世界に触れあえる本」や、ブックディレクターの幅允孝がキュレーションしたコーナーが並ぶ。学都・松本にふさわしい学術書や哲学書も陳列され、思いがけない本と巡り逢える場だ。途中から靴を脱ぎ、奥へと進むと、大浴場へ向かっていることに気が付く。温泉旅館・小柳の記憶を継承した設えが随所に残り、広い湯船に置かれたクッションに身をゆだねれば、知識の源泉に浸かるかのようだ。

松本本箱のフロント。館内は「書店」でもあり、本はすべて購入可。夜はバーも兼ね、お薦めは樽生シードル。¥1,320(税込)

あえてむき出しにした配管も印象的。松本本箱では外気に触れる部分を徹底的に断熱し、館内の暖房には温泉の排熱も利用。

本箱のところどころに小上がりや隠れ部屋のような「おこもり空間」が設けられ、人目を気にせずに読書に没頭できる。

「オトナ本箱」や「こども本箱」の入り口には暖簾が掛かり、大浴場の雰囲気を演出。12時~19時は宿泊者以外の利用も可能。

小柳時代の大浴場を改装し、子ども向けの絵本を集めた「こども本箱」。迷路のように本棚が配され、湯船はボールプールに。ケロリン桶を使った照明もユニーク。

1 / 2p