ナイキやバーガーキング……コロナや分断の中で時代を見事に切り取った、必...

ナイキやバーガーキング……コロナや分断の中で時代を見事に切り取った、必見広告4選。

文:久保寺潤子(P1-2、P4-5下段)

ナイキ『You Can’t Stop Us』より

世界中を覆い尽くした新型コロナウィルスによる鬱屈とした世の中にあって、広告はどのように社会を表現しているのだろうか? 2020年に発表された国内外の広告プロモーションから、「いま」の時代を切り取った必見の作品を紹介。NTTドコモ『森の木琴』やポーラ『この国は、女性にとって発展途上国だ。』、ゴディバ『日本は、義理チョコをやめよう。』など、見る者を圧倒するビジュアルとメッセージ性のある作品を手がけ、国内外で多くの賞を受賞しているクリエイティブ・ディレクターの原野守弘さんに、ベスト4を選んでもらった。


1. ナイキ『You Can’t Stop Us』――「分断」を軽やかに越えるアスリートたち。
2. バーガーキング『The Moldy Whopper』――実証広告を大胆にやりきる新しさ。
3. 滋賀県『ニュートンに学ぶ、これからの滋賀ノーマル』――ふざけているようでハッとさせられる、コロナ禍のメッセージ
4. 日本赤十字社『ウイルスの次にやってくるもの』――ウイルスに対する心身の予防策を、誠実に伝える。

日本赤十字社『ウイルスの次にやってくるもの』より

1 / 5p