日仏160年の歴史を、デザインで振り返る。
PARIS パリ

日仏160年の歴史を、デザインで振り返る。

文:髙田昌枝

日本の陣羽織(国立装飾美術館蔵)ⒸMAD, Paris /photoJean Tholance

浮世絵を取り入れ、1863年頃にパリで製作された花瓶はジャンリス&リュダールの作品だ。ⒸMAD, Paris /photoJean Tholance

日仏友好160年を記念して、日本関連の文化イベントが多数開催されているパリ。その中で、国立装飾美術館で11月15日に幕を開ける『日本ージャポニスム 1867-2018』展の企画が興味深い。 1867年のパリ万博で初めて紹介された日本のデザイン、明治維新で日本が発見した西洋文化から始まり、「発見...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
日仏160年の歴史を、デザインで振り返る。