建築界のトップランナー中村拓志が手がけた、「ZOZO本社屋」に迫る【ウ...

建築界のトップランナー中村拓志が手がけた、「ZOZO本社屋」に迫る【ウワサの建築】

文:佐藤季代

ZOZO本社屋。2020年12月竣工。千葉県千葉市稲毛区緑町1-15-16。NAP建築設計事務所と竹中工務店との共同設計で進められた、ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの本社屋。 photo: Koji Fujii / TOREAL

今年2月に完成・移転した「ZOZO本社屋」。屋根や壁は細い木材で編み込んだような造りで、ZOZOが扱う服の布地を連想させる。社員が働く姿を外から可視化した大胆な設計は、同社の物流拠点や東京オフィスを手がけてきた建築家の中村拓志が担当した。

中村は「新国立競技場」などの設計で知られる隈研吾のもとで実務経験を積んだ後、28歳で独立。2004年に竣工した「ランバン ブティック銀座」で気鋭の若手建築家として注目された。以降、住宅や商業施設、美術館、教会といったさまざまな用途や規模の建物を手がけてきたが、それらに共通するのが、地域の固有性や自然環境との関わりを重視した設計だ。

たとえば「狭山の森 礼拝堂」では、周囲の森林に自生する樹木と同化するような合掌型のフォルムを発想。「東急プラザ表参道原宿」では外のけやき並木とつながる屋上庭園を一体的にデザインした。こうした地域の特性や風景を活かす設計スタイルは、師匠の建築思想から影響を受けている。

活動の場はさらに広がり、15年から携わる徳島県上勝町のプロジェクトでは、昨年、ゴミ収集所とホテルを併設した「上勝町ゼロ・ウェイストセンター」が竣工。サステイナブルな建築が話題に。独自の視点で建築の可能性を追求し続ける建築界のトップランナーに今後も注目したい。

間仕切り壁や柱のない吊り屋根構造の大スパンが特徴。スタッフ同士の顔が見え、コミュニケーションを円滑化させるとともに、街と連続した室内からは時代の空気もうかがい知れる。 photo: Koji Fujii / TOREAL

屋根や壁の仕上げは細い木材が編まれたような構成で、布地を思わせる質感を表現した。 photo: Koji Fujii / TOREAL

1 / 2p
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力