ニューヨークを闊歩するなら、「Aileyan」のハンド...

文:林 菜穂子(baCe Inc.) 写真:Fumihiko Sugino アートワーク:Shun Sudo

text by Nahoko Hayashi(baCe, Inc.) photographs by Fumihiko Sugino artwork by Shun Sudo

ニューヨークを闊歩するなら、「Aileyan」のハンドメイド帽子がお薦めです。

Strut around NYC wearing Aileyan’s handmade hats

ニューヨークの注目エリア「ブッシュウィック」を案内する連載シリーズ「ブッシュウィックへようこそ!」。今回は、ハンドメイドのクラシックな帽子とジュエリーを扱う店をご紹介。この街に育くまれた貴重な文化を、未来へと繋いでいこうとする彼らにクローズアップ!

手づくりの帽子とジュエリーの店「Aileyan」のオーナー、ローマンさん。「お客さんがこの店のことを『Yesterday, Today and Tomorrow』と言ってくれるのですが、それは昔のものをいまもつくり、未来のデザインも見つかる店という意味です」 Roman Holowat, a owner of Aileyan, a handmade hat and jewelry shop. “Our customers call this store ‘Yesterday, Today and Tomorrow.’ That means that it’s a shop where things from the past are still made today, and where you can also find future designs.”

ガラス越しに年季の入った商品ケース、壊れかけの古いピアノ、クラシックな赤いソファーが見えました。大きな通りから少し入ったところにある小さな店。「また新しい骨董品屋さんでも出来たのかな?」という気軽な気持ちでドアベルを押すと、まもなく長い髭をたくわえた男性が現れて、「やあ、いらっしゃい」と言いながらドアを開けてくれました。よく見ると、商品ケースには数々のジュエリーが並び、壁には男女を問わず様々なデザインの帽子が飾られています。私が「ここはなんの店なのですか?」と聞くと、男性は「よろしければ、店の奥をご覧になりますか?」と応えてくれました。

A small store a little off the main street. Through the window I could see a showcase that has seen many years, a beat-up old piano, and a classic red sofa. I rang the doorbell without much more than a thought that another antique shop has opened. Right away, a man with a long beard opened the door for me, saying, “Hi, welcome.” Taking a closer look, I could see lots of jewelry in the showcase and unisex hats of all kinds of designs on the wall. When I asked what kind of store this is, he answered, “Would you care to take a look at the back of the store?”

奥に案内されて、驚きました。年代物のミシンやアイロン、そして長く使い込まれた帽子の木型が無数に積み上がっていて、まるで昔の映画のセットのようだったからです。
「ここ『Aileyan(エイリアン)』は1920年代から続く婦人帽子屋の流れをくむ店です。私は以前、この店のパートナーのいとこ、アルフレッドと一緒にジュエリーをつくっていました。彼がマンハッタンのウエストビレッジでジュエリーショップをやっていたのでね。もちろん、いまは私も帽子をつくりますよ」
彼の名はローマン・ホロワットさん。90年代初め、アルフレッド・アルビリジオさんとともに「FLASHPOINT」というジュエリーラインを発表、いまでもパティ・スミス、イギー・ポップ、シンディ・ローパー、ジョニー・デップ、ジム・ジャームッシュらに愛用されていることでよく知られています。実はウエストビレッジには1950年代、数多くのシルバージュエリーの工房があったそうで、そこはその当時から続くジュエリーショップでした。

He led me there, and I was astonished by what I found. With a vintage sewing machine and iron, and stacks of hat blocks that have served their purpose for many a year, it was like walking into an old movie set. “Aileyan is descended from a milliner’s shop from the 1920s. I used to make jewelry with Alfred Albrizio, the cousin of this shop’s partner. He ran a jewelry shop in Manhattan’s West Village. Of course, I now also make hats,” said Roman Holowat, who, along with Alfred, launched a jewelry line called Flashpoint in the early 90s. It’s still famous today for being a favorite of celebs like Patti Smith, Iggy Pop, Cyndi Lauper, Johnny Depp, and Jim Jarmusch. In the 1950s, there were many silver jewelry workshops in the West Village, and that jewelry store was one of them.

Aileyanのもう1人のオーナー、デイビッド・チカリシさん。店の奥にある工房の棚には無数の帽子の木型が積み上がっています。「2代目がデザインしたものがほとんど。1920年代のものもあるよ」。彼もジュエリーを作ります。 Aileyan’s co-owner, David Cicalese. On the shelves of the workshop at the back of the store are countless numbers of hat blocks. “Almost all of them were designed by the second owner. There are some that date back to the 1920s.” He makes jewelry, too.

「アルフレッドの店は4年前に閉店しちゃったんだけど、僕は子供の頃からよく遊びに行って仕事も手伝っていたんだ。だからローマンのことはずっと知っていた。一緒に仕事を始めたのは、うちの帽子屋にジュエリーを置くスペースをつくった2000年から」
Aileyanのもう1人のオーナー、デイビッド・チカリシさんは曾祖父が創業した帽子屋の3代目。2年前までタイムズ・スクエアの南にある「ファッション・ディストリクト」というアパレル業者が集まるエリアに店舗兼工房を構えていました。
「技のすべては2代目、大叔母のアン・アルビリジオから受け継いだ。アンは帽子に人生を捧げた人で、帽子という文化を伝えるために1976年からFIT (Fashion Institute of Technology)という大学で婦人帽づくりも教えていたんだよ。87歳になるまでね」
帰宅してAileyanのホームページにあるローマンさんのブログを読みました。そしてまた驚いてしまったのです。

“Alfred’s shop closed down four years ago, but I used to go there often as a child and I even helped them with their work. That’s why I know Roman from way back. We started working together in 2000 when I created a space in the hat shop to display jewelry.” Aileyan’s co-owner, David Cicalese, is the third-generation owner of the hat shop founded by his great grandfather. Until two years ago, his store/workshop was located south of Times Square in the Fashion District, where there were many garment businesses. “I learned my skills from the second-generation owner, my great aunt Ann Albrizio. Anne dedicated her life to hats, and in order to keep the culture of hats alive, she also taught hatmaking from 1976 at FIT (Fashion Institute of Technology) until she was 87.”

When I returned home, I read Roman’s blog on Aileyan’s website, and was again astounded.


1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。