Vol.16 「The Space NYC」が体現する...

文:林 菜穂子(baCe Inc.) 写真:Fumihiko Sugino アートワーク:Shun Sudo

text by Nahoko Hayashi(baCe, Inc.) photographs by Fumihiko Sugino artwork by Shun Sudo

Vol.16 「The Space NYC」が体現する、大人の男の居場所とは?

A comfortable space for men embodied by The Space NYC.

ニューヨークの注目エリア「ブッシュウィック」を案内する連載シリーズ「ブッシュウィックへようこそ!」。今回は「イタリアン・ヘリテージ(イタリアの文化遺産)」を共有し合う3人の男性がつくった「The Space NYC」のお話です。若いアーティストやクリエイターたちが牽引してきたこの街で、「その場所」が提案するのはモノづくりへのこだわり、そして大切にしているのはそこに集まる男たちの友情でした。

「The Space」の創業者、マックス・ポギーラさんが昔ながらの手法にこだわってつくるナイフと、同じく創業者のヘリオ・アスカリさんがデザインしたサングラスなどのアクセサリー。 Knives made by The Space cofounder Max Poglia using traditional methods, and sunglasses and other accessories designed by cofounder Helio Ascari.

「その場所」を見つけたのは偶然でした。
いまでこそ変化を続けるブッシュウィックですが、そもそもここはたくさんの工場や倉庫が立ち並ぶ「インダストリアル・エリア(工業区画)」で、「その場所」がある一角も以前から自動車修理工場や大型クレーン車の駐車場などが幅を利かせる、殺風景ながら、実にブッシュウィックらしいところでした。そんな辺鄙な場所に地元で人気のレストランが移転したと聞き、寄ってみた時のこと。「その場所」が、突如として目の前に現れたのです。

I found "that place" by pure chance.
Bushwick is now changing rapidly, but it was originally an industrial area lined with factories and warehouses. The corner where you find "that place" is also a neighborhood dominated by car repair shops and parking spaces for large crane trucks-a bleak area, but so very Bushwick. Hearing that a popular local restaurant had relocated to this obscure part of town, I dropped by. And that was when "that place" suddenly appeared before me.

取材当日、もうひとりの創業者でミラノを拠点に活躍するファッションデザイナー、アレッサンドロ・スクアルツィさんには会えなかったのですが、トルソーに着せられ、ショップ中央に置かれた贅沢な仕立てのミリタリージャケット(2245ドル)が彼の存在の大きさを教えてくれました。 On the day of the interview, I was not able to meet another cofounder of The Space, Milan-based fashion designer Alessandro Squarzi, but a luxurious military jacket ($2,245) displayed in the center of the shop proclaimed his presence.

よくある倉庫を改装した空間。ガラス越しにのぞいて、思わず「なんだ、この場所は!?」と驚きました。そこには大人の男性に似合いそうな服、鞄、靴などが、あくまでもさりげなく、とても心地よく置かれていて、一見して、どれも丹精込めてつくられたものだとわかったからです。
「僕ら3人は数年前、ピッティ・ウォモ(※)で出会ったんだ。僕とヘリオの友情はかなりの部分で『ブラジル出身』ということに起因していてね。しかも皆、概念として『イタリアン・ヘリテージ(イタリアの文化遺産)』を共有し、深くリスペクトしていたんだ」

(※イタリアのフィレンツェで毎年1月と6月に行われる、世界最大級のメンズ・プレタポルテの見本市)

A space repurposed from a warehouse, nothing new. But then I looked in the window and was amazed by what I saw. Clothes, bags, shoes and other men's items that would look good on adults were casually and comfortably arranged, but were immediately recognizable as items that were made with great care.
"We three met each other several years ago at Pitti Uomo*. Much of my friendship with Helio originates from both of us being native to Brazil. Moreover, all of us share the concept of an Italian heritage, and have deep respect for it."

 (*One of the world's largest exhibitions for men's ready-to-wear fashion, which is held every January and June in Florence, Italy.)

遊び心たっぷりの「The Space」には古いビリヤード台が置いてあって、冗談を言いながら一戦交えるマックスさん(右)とヘリオさん。おふたりの仲のよさが伝わってきます。 An old pool table demonstrates the playful spirit of The Space. Max (right) and Helio joke around as they play. It's obvious that they're good friends.

マックス・ポギーラさんは自身のライフスタイルブランド「POGLIA」で手づくりのナイフやレザーバッグなどを発表するデザイナーです。そして「僕ら」とは、イタリアを代表するファッションデザイナーのアレッサンドロ・スクアルツィさん、高級ハンドメイド自転車のブランド「Ascari BICYCLES」を主宰するヘリオ・アスカリさんを加えた3人のこと。
彼らが「その場所」、「The Space」をつくった張本人です。

So says Max Poglia, a designer who produces items such as handmade knives and leather bags from his own lifestyle brand, Poglia. By "we three," he means himself, leading Italian fashion designer Alessandro Squarzi, and Helio Ascari, the head of a high-end handmade bicycle brand, Ascari Bicycles. These are the three who created that place, called The Space.

東京からのコラボレーター、「OLD JOE BRAND」のベルベットのリバーシブルジャケット(1150ドル)とデニムパンツ(290ドル)。「OLD JOEは僕らの大切な友人。ぜひ遊びに行ってね」とマックスさん。 A velvet reversible jacket ($1,150) and denim pants ($290) by Old Joe, a collaborative brand from Tokyo. "Old Joe is a valuable friend of ours. Please go visit them," says Max.

「僕らはすでに個人のブランドをもっていて、それぞれ違うアングルで急速に変化するファッションやハンドメイドなどの小売業界を見てきた。だから多様なネットワークを活かして、僕らのインスピレーションやヴィジョンをもっと遠くに連れ出したい、そういうブランドの実際の存在として、クライアントや友人を招待できる『場所』をもちたいと思っていたんだ。でも最初は、僕らにもそのアウトラインがはっきりわからなくて。それで、その『場所』をずっと『The Space』と呼んでいた。しばらく経ってから、ぴったりとしてきたんだけどね」
殺風景だったその場所に「The Space」が運んで来てくれたのは彼ら3人のショーケースだけでなく、「ヴィンテージ」「タイムレス」「クラフトマンシップ」などのキーワードでつながったコラボレーターたちのプロジェクトでもあったのです。

"We already have our own individual brands, and we have each observed the rapid changes in fashion and handmade items in the retail industry from different angles. So we want to use our diverse networks to take our inspirations and visions further. We wanted to have a place where we could invite our clients and friends to physically share  our brands. But at that time we didn't have a clear outline of what we wanted, so we called that place, The Space. After a while, that name started to feel perfect."
The Space brought to that bleak area not only the showcases of the three cofounders, but also the projects of collaborators linked by the key terms, "vintage," "timeless," and "craftsmanship.

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。