Vol.15 「カフェ」で仕事を済ませたら、その足で向...

文:林菜穂子(baCe Inc.) 写真:Fumihiko Sugino アートワーク:Shun Sudo

text by Nahoko Hayashi(baCe, Inc.), photographs by Fumihiko Sugino, artwork by Shun Sudo

Vol.15 「カフェ」で仕事を済ませたら、その足で向かいたい「ブリュワリー」3軒。

Three breweries you want to head straight to after finishing your work at a cafe.

ニューヨークの注目エリア「ブッシュウィック」を案内する連載シリーズ「ブッシュウィックへようこそ!」。今回は前回のカフェに続き、いま急増中のブリュワリーを紹介します。ブッシュウィックといえばアーティストの街というイメージが定着していますが、その昔、19世紀後半から20世紀初頭にかけてここは、全米ビール生産量の10%を担った場所だったそうです。

「KCBC」のオーナー三人衆。左からトニー・ベリスさん、スニーキー・ピートさん、ザック・キニーさん。この素敵な笑顔と出来たてビールが私たちを迎えてくれます。 The three owners of KCBC. From left, Tony Bellis, Sneaky Pete, and Zack Kinney. We're welcomed by their great smiles and freshly brewed beer.

ピカピカに磨き上げられたシルバーのタンク。そこにつなげた細いチューブから、いま、黄金色の液体がふわふわの泡をつくりながらグラスに注がれました! ……ああ、出来たてのビールってなんでこんなにおいしいんでしょうか……。

以前ご紹介したクラフトビールバー、「ザ・サンプラー」のラファエル・マルチネスさんから「もうすぐブッシュウィックに『KCBC(キングス・カウンティ・ブリュワーズ・コレクティブ)』というブリュワリーができるよ」と教えてもらって早1年。この日やっと念願かなって、タンクから直接、特別に2種類のビールを飲ませてもらいました。それはアルコール度数がやや高めでコクのあるIPA(インディア・ペール・エール)と、日本人には大手メーカーが長くつくり続けてきたこともあって最も馴染み深いピルスナー。

From a narrow tube connected to a highly polished silver tank, golden liquid pours into a glass, creating a frothy foam. Ah, beer... Why is freshly brewed beer so delicious?

A year has passed since Rafael Martinez at The Sampler, a craft beer bar that I introduced before in this series, informed me that a brewery called KCBC (Kings County Brewers Collective) will soon be coming to Bushwick. On this day, I was able to fulfill a long cherished dream—I was given the opportunity to try two types of beer directly from the tank. One was a robust IPA (India pale ale) with a slightly higher alcohol content, and the other was a Pilsner, the most familiar type of beer to the Japanese due to its long history of production in Japan by a major beer maker.

「KCBC」の本日のお薦めは、伝統的なドイツのペール・ラガーを少しスモーキーにした「Helles Kitchen」(左)と、フルーティな酸味が刺激的な「Beach Zombie」(右)。どちらも夏のBBQにピッタリです! KCBC 's today's recommendations are Helles Kitchen (left), a traditional German pale lager with a smoky hint, and a stimulating Beach Zombie (right), with fruity citrus flavor. Both are perfect for a summer barbecue.

「ね、香りが全然違うでしょ! それがまさにホップの違い。出来たてだからその差がよくわかるよね」
「KCBC」のオーナー、スニーキー・ピートさんはそう言いながら「今週のビール」の仕込みを続けているのですが、その顔はなんだかとても嬉しそうです。
「だって仕込みができるのは週に1度だけで、あとは掃除ばっかり! 残りの6日で徹底的に機材を洗浄してるんだ。そうしないとおいしいビールはできないからね」
「KCBC」ではこうして500㎡近くある広い倉庫の半分以上を使って、毎週最大7500ℓのビールをつくっています。

"Isn't the aroma completely different? The hop makes the difference. Since it's freshly brewed, you can really taste the difference."
While saying this, KCBC owner Sneaky Pete continues to go through the process of preparing "this week's beer," and looks very happy doing so.
"That's because I only get to do this once a week. On the other days all I do is clean! Over the remaining six days, we wash the equipment very meticulously. We won't be able to make good beer unless this is done."
KCBC uses over half of its expansive 500 sqm warehouse in this way to brew as much as 7,500 liters of beer a week.

私たちをブリュワリーの中に案内してくれた「KCBC」オーナーのひとり、ザックさん。彼のオリジナルビール「EXTREMELY DANGEROUS PRECEDENT」はアルコール度数7.7%のダブルIPA! Zack, one of KCBC's owners, showed us around the brewery. His original beer called Extremely Dangerous Precedent is a double IPA with an alcohol by volume of 7.7 percent!

「つまりビールは科学。ブリュワリーのつくり方や経営のことも勉強したよ。そして2年かけてこの場所を見つけたんだ」
もうひとりのオーナー、ザック・キニーさんは3歳の頃から父が自宅でビールをつくるのを見ていたと言います。そしてこうも教えてくれました。
「いまブッシュウィックはアーティストの街という顔をもっているけど、19世紀後半から20世紀頭、ここは全米のビール生産量の10%をつくっていたんだ。『ブリュワーズ・ロウ』と呼ばれる場所もあってね」

"Beer is science. We also studied how to make and manage a brewery. It took us two years to find this place," says Zack Kinney, another one of the owners, who had watched his father brew beer at home since he was three years old. He also informed me that "One face of Bushwick is that of an artists' community, but from the late 19th century to the early 20th century, it produced 10 percent of the beer made in the United States. There was even a place called Brewers Row."

夕暮れ時の「KCBC」のタップルーム。この灯りには、勝てません……。ついつい今夜もここで一杯。 KCBC's tap room in the evening. It's hard to ignore those inviting lights... Stopped by again tonight to have a beer here.

そう、その昔ブッシュウィック、グリーンポイント、ウイリアムズバーグには46ものブリュワリーがあり、特にスコールズとメセロール・ストリートの間のブッシュウィック・プレイスからロリマー・ストリートにかけての十数ブロックには、12とも14とも言われるブリュワリーが軒を連ねていたそうです。1850年代、大量に押し寄せたドイツ移民たちは母国から、イギリスのエールより軽くて爽やかな「新しいビール」、ラガーを運び込みました。やがてブッシュウィックに落ち着き始めた彼らが、寄り添うようにブリュワリーを開いた場所が「ブリュワーズ・ロウ」だったのです。1880年代にはその最盛期を迎えますが、禁酒法(1922年~30年)、他州からの大手メーカーの進出などのあおりを受け、ブッシュウィックにあった最後のブリュワリーは1976年、ついに倒産してしまいます。

Apparently, back in those days there were some 46 breweries in Bushwick, Greenpoint and Williamsburg, with about 12 or 14 of them located in the dozen or so blocks from Bushwick Place to Lorimer Street between Scholes and Meserole streets. In the 1850s, the wave of immigrants from Germany brought over lager beer, a "new" beer that was lighter and more refreshing than English ale. They started settling down in Bushwick and opened a cluster of breweries in what came to be known as Brewers Row. After peaking in the 1880s, this area was struck by the impacts of prohibition (1922-30) and the inroads of major breweries from other states. The last brewery in Bushwick folded in 1976.

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。