Vol.14 本格派ロースタリーからベジタリアンカフェ...

文:林菜穂子(baCe Inc.) 写真:Fumihiko Sugino アートワーク:Shun Sudo

text by Nahoko Hayashi(baCe, Inc.), photographs by Fumihiko Sugino, artwork by Shun Sudo

Vol.14 本格派ロースタリーからベジタリアンカフェまで、ブッシュウィックならではの注目カフェ5軒。

From a genuine roastery to a vegetarian cafe, five popular cafes that are just so Bushwick!

ニューヨークの注目エリア「ブッシュウィック」を案内する連載シリーズ「ブッシュウィックへようこそ!」。今回は自家焙煎のコーヒーはもちろん、充実したフードメニューも楽しめるブッシュウィックのカフェシーンを紹介します。Wi-Fiと電源が完備され長居もできるカフェは、フリーランスの人たちのオフィス代わりにもなっているそうです。

ブルックリンに3店舗を構える「バラエティコーヒー」。ブッシュウィック店は古いアパートメントビルの1階にあります。 Variety Coffee Roasters has three stores in Brooklyn. The one in Bushwick is on the first floor of an old apartment building.

ついに始まってしまいました。隣の部屋の内装工事。朝からドンドン、バンバン、騒々しくてかないません。でも、大丈夫。ここには人の目を気にせずに好きなことをしたり、必要なら仕事もできる「居場所」、いまの私の状況で言えば「避難所」がものすごい勢いで増えているからです。それは「カフェ」!

近所の「バラエティコーヒー」は駅に近く、夜9時まで営業。しかも自家焙煎コーヒーが1ドル50セントというお手頃価格で飲める人気のカフェです。今日も打ち合わせや調べ物をしている人はもちろん、スケッチブックに絵を描いたり、ヘッドホンをのせた頭を揺らしながらキーボードとパソコンを使って作曲をしている人などでほぼ満席。そのため出遅れるとお気に入りの席を確保できないどころか、座れません。

That day has finally come. The room next door to me has started its renovation work, creating a huge racket from early in the morning. But, no problem. Comfortable places where you can do what you like without having to worry about what those around you think and even do your work if necessary—and which can serve as "emergency shelters" for people like me in my current circumstances—have been opening at an incredibly fast pace around here. What are these places? Cafes!

The Variety Coffee in my neighborhood is close to the station, and it's open until 9 at night. That and the fact that you can drink coffee brewed from home-roasted beans for just $1.50 make it very popular. The cafe is almost full again today, with not only people holding meetings or looking things up, but also a person drawing in a sketchbook, and a person wearing headphones and composing music on his PC, tapping into the keyboard while swaying to some tune. If you get there too late you'll find it hard to find your favorite seat, let alone get in.

朝の光が優しく差し込むブラジリアンカフェ「ピタンガ」。お店の奥にはゆっくり座れるソファもあります。 The morning light filters in gently at Brazilian cafe Pitanga. There's also a comfortable sofa in the back of the store.

そんな時は少し歩いて隠れ家的なブラジリアンカフェ、「ピタンガ」へ。搾りたてのジュースやアボカドトーストがおいしくて、特に暑い日は冷たいアサイーボウルについ手が出ます。もちろんコーヒーはブラジル産の豆を使用。シンプルに「ポン・デ・ケイジョ」と呼ばれるブラジルのチーズパンを合わせるのもまたいいのです。

If that happens, take a short walk to Pitanga, a hideaway Brazilian cafe. It serves delicious freshly-squeezed juice and avocado toast, and you must order their chilled acai bowl, especially on a hot day! The coffee is, of course, made from Brazilian beans. Enjoy it in a simple combination with a Brazilian cheese bread called "pao de queijo."

「スペース・クラフト・コーヒー」のオーナー、ハワードさん。バーのオーナーに、「使わない時間帯でカフェをやらせて」と頼んだことがきっかけだそう。 Howard Chang, the owner of Space Craft Coffee. Apparently, it all started with him asking the bar's owner to let him run a cafe when the bar isn't open.

もっとブッシュウィックらしい広々とした空間で時間を過ごしたい時は、「スペース・クラフト・コーヒー」(※閉店しました)に行きます。実はここ地元で人気のバーなのですが、そのオープンの直前まで、空いている「スペース」で淹れたての「クラフト」な「コーヒー」を出してくれる貴重な存在。だから、夕方のバータイムまでというよりも、そこを目指して仕事をしているらしき人の姿もよく見られます。

If you want to spend time in a more spacious place that is particular to Bushwick, go to Space Craft Coffee. This is actually a bar popular among the locals, and is a valuable presence that serves freshly brewed craft coffee in the open "space" during the time up until the bar opens. So you often see people who look like they're doing their work there in order to enjoy that space and coffee, rather than waiting for the bar to open in the evening. 

「スペース・クラフト・コーヒー」の広い空間を独り占め! 仕事もはかどりそうです。 Having the huge space of Space Craft Coffee to yourself! Your work is sure to progress.

近郊農家から直送される食材をたっぷり楽しめるベジタリアンカフェ、「ルーティーン」(※閉店しました)には長居したくなる理由が揃っています。8人掛けのコミューナルテーブル(相席テーブル)、裏庭、そして仕事終わりにワインやビールも楽しめるバー。
「そうだな、長い人だと平均4時間はここにいるんじゃないかな?」
マネジャーのセバスチャンさんが言うとおり、その日もまるで試験前日の学生のようにテーブルに本をめいっぱい広げている人、パソコンに向かってずっと話し続けている人などがいて、どうやらその「平均的時間」を順調にこなしている様子です。
でも常々気になっていたことがありました。たったコーヒー1杯で長居するのは、本当のところどうなのか?
「2年前のオープン以来、街の人はとても前向きに僕らのことを受け入れてくれている。だから僕らもコーヒーだけ買っていく人、長居する人、みんな大歓迎なんだよ!」
そう、ここブッシュウィックのカフェの最大の魅力は何時間でも長居ができて、しかも気分よく放っておいてくれること! コップの水をこまめに替えに来る人は、いないのです。

Routine, a vegetarian cafe where you can savor food made from ingredients shipped directly from a suburban farm, provides plenty of reasons why you would want to spend your hours there: a communal table sitting eight, a backyard, and a bar to enjoy wine or beer after work.
Sebastien Bee, the manager, said, "I would estimate that some of our longer customers are here for an average of about four hours." And indeed, on that day there was a customer who had books strewn across the table like a student preparing for tests the next day, a customer who kept on talking while facing his PC, and others who seemed to be using this "average length of time" quite well.
But one thing kept on bothering me. How does the establishment actually feel about customers who stay so long with just one cup of coffee?
"Ever since we opened two years ago, the people of the neighborhood have been accepting us in a very positive way. That's why we welcome everyone—those who come to buy just coffee and those who stay here a long time."
The largest attraction of Bushwick's cafes are that they let you stay for hours, and also leave you alone. There's no one who hovers around to refill your water glass.

ベジタリアンカフェ「ルーティーン」の人気メニュー、ファロという古来小麦を使った「マクロボウル」(13ドル)。野菜がとても甘いです! A popular dish on the menu of vegetarian cafe Routine is Macro Bowl ($13) made with Farro, an ancient wheat. The vegetables are so sweet!

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。