Vol.08 写真は「アナログ」が楽しい! みんなで使...

文:林菜穂子(baCe Inc.) 写真:Fumihiko Sugino アートワーク:Shun Sudo

text by Nahoko Hayashi(baCe, Inc.), photographs by Fumihiko Sugino, artwork by Shun Sudo

Vol.08 写真は「アナログ」が楽しい! みんなで使う「暗室」がいま人気です。

Analog photography is fun! Community darkrooms are in demand.

ニューヨークの注目エリア「ブッシュウィック」を案内する連載シリーズ「ブッシュウィックへようこそ!」。今回はアナログ写真のための「暗室」が人気を集めているというレポートです。手間と時間がかかる前時代的なアナログ写真が、いまなぜ注目されているのでしょうか? ニューヨークからの声をさっそくお届けしましょう!

ブッシュウィック・コミュニティ・ダークルームのボランティアの皆さん。カウンター右隅、黒いカーディガンを着ている女性が発起人のルシアさん、ソファーでフィルムを見ているのが白黒写真クラスの先生、キースさんです。 The Bushwick Community Darkroom volunteers. The woman wearing a black cardigan and sitting at the right corner of the counter is the founder, Lucia, and sitting on the sofa and looking at film is the black and white photography class instructor, Keith.

タップやクリックひとつでなんでもできるようになったインターネットの時代に、驚いたり、喜んだりしているのもつかの間、圧倒的な速さで私たちを夢中にさせたスマートフォン。それは、いつでもどこでも、簡単に撮影や画像処理ができるという手軽さにSNSなどの新しいメディアの勢いも加わって、「誰でもフォトグラファーになれる時代」を生み出したように思います。でも、この速くて、人気があって、とても便利なデジタル写真時代のまっただ中で、あえて手間と時間がかかるアナログ写真の世界に入り込んでいる人たちがいます。

In this age of the Internet where everything can be done with a tap and click, we hardly had a moment to be astonished or thrilled before, with incredible speed, the smartphone became an integral part of our lives. It would appear that since it allowed anyone to easily take pictures and process images anytime and anywhere, and coupled with the surge of SNS and other new media platforms, it gave birth to this era where anyone can become a photographer. But in this fast, popular, and extremely convenient age of digital photography, there are people who dare to enter the time- and labor-consuming world of analog photography.

プライベートで使える暗室の一角。奥がカラー、手前が白黒プリントの引き伸ばし機です。このほか共同で利用できる暗室も完備されています。 A corner of a private darkroom. In the back is the color enlarger and in the front, the B&W enlarger. There are also gang darkrooms for joint use.

ボランティア運営されているブッシュウィック・コミュニティ・ダークルームは、写真用フィルムの現像やプリント、引き延ばし作業ができる「暗室」です。知らない方のために簡単に説明をすると、フィルムや印画紙は感光すると使い物にならなくなるので、どうしても専用の作業場、つまり「暗室」が必要になります。道具と場所とちょっとした熱意あれば白黒写真は自宅でも作業できますが、カラー写真はプロセスが複雑なのでそうもいきません。

The Bushwick Community Darkroom, operated by volunteers, is a “darkroom” where you can develop photographic film, and make and enlarge prints. For those of you who are not familiar with this room, let me give a simple explanation. Since film and photographic printing paper will be ruined when exposed to light, it becomes absolutely necessary to have a dedicated working space, namely a “darkroom.” With the tools, a place, and a bit of enthusiasm, you can print black and white pictures at home, but this doesn’t follow for color photos because the process is more complex.

大きなライトボックスとルーペは「暗室」の必需品!これでフィルムに写っている画を確認します。 A big light table and loupe are must-haves in a darkroom. They’re used to confirm the image in the film.

「アナログのカラー写真のプロセスなんて、いまはもう誰も知らないよね。だから初心者にはいちから教えるよ」
ここ、ブッシュウィック・コミュニティ・ダークルームには暗室作業を教えるクラスがあり、そのカラープリントの先生、カリブさんは2013年からボランティアをしています。
「ここに来たきっかけは、当時通っていた大学にカラーの暗室がなかったから。ちょうどその頃、カラーフィルムでドキュメンタリー写真を撮ったんだ。だから、どうしても暗室が必要で」

“Nobody knows the analog color photography printing process today. That’s why we start from the basics in teaching people new to this process,” says Caleb, who teaches color printing in the darkroom workshop class at Bushiwick Community Darkroom. He has been a volunteer here since 2013. “The reason I came here was because there was no color darkroom at the university I was going to. I had just taken some documentary photos on color film, and so a darkroom was absolutely necessary.”

聞けば、23歳。ということは、物心ついたときからデジタル写真に触れていたと思われる世代です。ついつい「どうしてアナログなんていう面倒くさい世界に入りこんじゃったんですか?」と聞き返してしまいました。というのも、私はそれしかなかった頃に学生として写真を学んだ一人。いちいち時間がかかる現像中に「ちゃんと撮れていた?」と余計な心配をしたり、友達に配る写真を1枚1枚手焼きしたりしていたからです。するとカリブさん、「デジタルは簡単過ぎるんだよ!アナログの魅力はそのプロセスを待たないといけないこと。僕にとってそれは探検であり、冒険なんだ」

I learned that he was 23 years old--the generation that was probably using digital photographs as far back as they can remember. That led me to ask, “What made you step into this bothersome analog world?” I was one of those who learned photography as a student when analog was the only form that existed. Whenever I would be doing the time-consuming process of developing the film, I would worry about how the pictures would turn out. And each of the copies I would give out to friends was hand printed. But Caleb’s reply was, “Digital is too easy! The attraction of analog is that you have to wait for the process. That, for me, is an exploration and an adventure.”

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。