映画ライターが厳選! 2021年アップカミングな女優6人。

映画ライターが厳選! 2021年アップカミングな女優6人。

選:よしひろまさみち 編集・文:佐野慎吾

映画ライターのよしひろまさみちが、近年の実績や今年の公開作、その他SNSやYouTubeなどから総合的に判断して、アップカミングな女優をリストアップ! 2021年、さらなる活躍が期待されるのは、この6人だ。

※こちらはPen2/1号「女優。」特集よりPen編集部が再編集した記事です。


芳根京子 ━━ビッグタイトルの連続で、さらなる飛躍の年に。

芳根京子 ●1997年、東京都生まれ。2013年にフジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』でデビュー。15年にオーディションで1000人以上の参加者の中から選ばれ、TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』で初めての主演を務める。16年にNHK 連続テレビ小説『べっぴんさん』で、ヒロインの坂東すみれ役に抜擢。19年、映画『累─かさね─』と『散り椿』で、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

既に「朝ドラ」や「月9ドラマ」でヒロインを経験し、日本アカデミー賞の新人俳優賞も受賞している芳根京子だが、今年はさらに飛躍の年となるようだ。

「かなりのキャリアがあるのに、いまだに瑞々しさを失わないところがすごいと思います。個人的には2019年の映画『今日も嫌がらせ弁当』で演じた、反抗期の女子高生役がリアルすぎて衝撃を受けました。今年は2月に映画『ファーストラブ』、6月に『峠 最後のサムライ』と、ビッグタイトルの公開が控えています。どちらの作品でも豪華共演者に囲まれていますが、バッチリ爪痕を残しているはずです(笑)」

キャリア、実力、注目作が揃った今年、芳根京子から目が離せない。


白石 聖 ━━出演作の幅が広がり、オールラウンダーに急成長。

白石 聖 ●1998年、神奈川県生まれ。2016年に女優デビュー。18年に日本テレビ系ドラマ『PRINCE OF LEGEND』、フジテレビ系ドラマ『キミの墓石を建てに行こう。』、BSスカパー! のドラマ『I”s』の3作品でヒロインに抜擢される。20年にフジテレビ系ドラマ『恐怖新聞』で連続ドラマ初主演。このドラマの放映期間中に1st写真集『白石聖 2016-2020』(ワニブックス)を発売。重版のかかるヒットを記録する。

「2020年は、つのだじろうのオカルトコミックを原作にしたドラマ『恐怖新聞』で、黒木瞳さんの娘役を演じた白石聖さんがかなりツボでした。母親とぶつかることの多い役でしたが、黒木さんとバチバチの芝居合戦を繰り広げていましたね(笑)」

同時期にファースト写真集も発売し、ドラマとともに話題を振りまいた。

「今年は、いまジャニーズJr.で人気急上昇中の、浮所飛貴と共演する映画『胸が鳴るのは君のせい』が公開されるので女性からの支持がさらに上がりそうな予感。男性共演者の魅力を引き立てつつ、自分の存在感も残せる稀有な存在だと思うので」

性別や年代を超えて確実にリーチする、守備範囲の広さでブレイク必至。


【白石聖登場】Pen No.445「バズる美女。2018」

1 / 3p